今週のヘラブナ推薦釣り場【山梨県・西湖根場地区】

都市部や平野部では連日最高気温が30度越えを記録しているが、山梨県南都留郡富士河口湖町にある西湖ならそんな不快感とは無縁に釣りができる。標高900mの世界はダテではなく、朝は上着がいるほど涼しい。湿度も低いので、まさに湖上は極楽。これで良型の数釣りもできるのだから、多少の移動距離は問題にならないはず。今回は風に強く舟着けロープも豊富なエリア・根場地区に的を絞ってみよう。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

西湖とは?

西湖は富士山の火山活動で生じたせき止め湖で湖面標高は約900m。最大水深は70m前後で、富士五湖の中では4番目の広さで面積は2・1平方kgメートル(最大は山中湖で6・8、最小は精進湖で0・5)。湖水の透明度が高く、深場から魚が上がってくるのが視認できるほどだ。

山上湖特有の気温差があり、夏でも朝はジャンパーが必要なほど冷え込んで、日中はカラッと晴れ渡る。下界との気温差は5度以上あり、仮に東京で35度の最高気温でも西湖なら30度以下となる。

また天候変化が目まぐるしく、晴れていても急に雨雲がモクモクと湧いたりする。そのため晴れ予報であっても雨具は必携だ。逆に雨や曇り予報だとかなりの冷え込みとなるので、盛夏であっても防寒対策が必要だ。

釣りは舟と陸っぱりがあるが駐車可能な所が湖畔に少ないので、さまざまなポイントを狙いたいなら舟のほうが圧倒的に有利だ。直近の釣れ具合は良好でとくに空いていれば、好みの釣り方で良型の数釣り(束釣りも)が楽しめるだろう。

次のページは西湖根場地区のポイント紹介