深場釣り:水深1,000m!ベニアコウを狙え【神奈川県・相模湾】

「いつかは1000m以上の深場釣りを」の夢をかなえるため、相模湾にある船宿へ。狙う魚はベニアコウ。超が付く深場釣りは今年から始めた初心者だ。さて結末はいかに?

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

ベニアコウの釣り方

オモリから投入するので、順番を考慮してセットしないと手前マツリが起きやすい。船長の指示に合わせてミヨシ側から投入。最初の人がスムーズに投入したら、船長が船をバックさせて次の人が続く。

準備ができていなかったり、手前マツリなどのトラブルがあったら1回休みになるので用意は万全にしておきたい。

オモリが着底すると竿先に一瞬変化がある。
「このオモリの重さから解放された反応」を見極めることが重要。

「底ダチがとらえられない」と話す人はいるが、この水深では再度の底取りは難しい。500号でもラインがふけ上ってしまうからだ。

竿先にオモリの重さが感じられなかったら、2~3mほどイトを巻き取り、それを繰り返す。オモリで海底トントンができればいいが、潮の流れが速いと難しい。

1日投げる回数4回ほど、その中でヒットさせなければならない。

ベニアコウのアタリはかなり明確。30~40分くらい流したら船長から「上げてください」のアナウンス。魚が付いていれば中速、いなければ高速で巻き上げる。空巻きで30分ほどかかるが、中速ではさらに10分くらい時間が必要。

次のページでいよいよ実釣開始!