トラウト狙い『レイクジギング』ステップアップ解説 意識すべき自然条件

トラウト狙い『レイクジギング』ステップアップ解説 意識すべき自然条件

自然環境の変化は魚に多大なる影響を与えます。レイクジギングで狙う大型トラウトについてももちろん同様です。今回はその中でも特に影響が大きい風と太陽光について考えます。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター堀籠賢志)

堀籠賢志

フライフィッシング、バス、シーバス、鮎釣りなど様々な釣りを経験。現在はジギングとイカ釣りを広く楽しんでいます。東北地方の面白い釣りを紹介する事で震災復興に繋げたいという熱い気持ちで活動中。

×閉じる

ルアー&フライ トラウト

レイクジギングのフィールド

レイクジギングはボートの機動性と魚探などを駆使してエリアを選び、トラウトの定位するレンジを広く探る釣りです。海のように潮流がほとんどない湖では、ボートは流れずに広範囲を探ることができません。

湖でのジギングでキーとなるのは風と太陽光です。今回は意識するべき自然条件について考えてみたいと思います。

トラウトと自然環境変化

自然の中で生き抜く大型トラウトは環境の変化に敏感です。何故なら、そういった変化に敏感でなければ、己の身を危険にさらしたり、ベイトを捕食できずに飢えてしまうためです。特に大型のトラウトは生き抜くために、変化に敏感であり、逆に敏感であるからこそ、これまで生きてこれたわけです。

トラウト狙い『レイクジギング』ステップアップ解説 意識すべき自然条件光が差し始めて直ぐにヒットしたイワナ(提供:TSURINEWSライター堀籠賢志)

そんな大型トラウトを釣るためには、アングラーも自然環境の変化に敏感でなければ、トラウト達に近づくことはできないでしょう。レイクジギングでの釣りに影響を与える自然環境の変化は、風と太陽光の強さです。

風と太陽光

どんな釣りでも、風や太陽光の変化に影響を受けます。時には釣りが好転したり、ダメになったりとさまざまですが、レイクジギングでも風と太陽光の変化は大きく釣りに影響します。

ボートでのレイクジギングでは、ボートがドリフトしなければ、同じ地点で終始、釣り続けることになります。風がなければ、ボートは動かないわけですので、広く探ることが不可能となります。当然、釣果が落ちてしまいますが、風がない場合は、ボートを前進後進しながら釣ることでボートを上手くドリフトさせて釣りをします。

こういった直接、釣りに関係する場合以外にも、風が吹くことで湖の水が攪拌されて水中に酸素が供給されて、トラウトたちの活性が上がり好釣する場面もあります。

次のページで風や光を味方にする方法を紹介!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。