陸っぱりルアーマゴチ釣りで2連発 細かい『ボトムノック』が決め手?

陸っぱりルアーマゴチ釣りで2連発 細かい『ボトムノック』が決め手?

天草・苓北町の志岐漁港を訪れた。ノープランの釣行だったが、ふと気になったマゴチ狙いが大当たり。ボトムノックで2連発した釣行をリポートする。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

志岐漁港でルアーゲーム

7月28日、用事を済ませ、夜釣りに。だが明確なターゲットは決めておらず、ふらふら~っと天草・苓北町の志岐漁港まで来てしまった。

「ん~……何釣ろうかな~……」。水面では豆アジが元気よくライズ中。「豆アジ釣ってもな~」。おもむろにエギをキャストし、イカが浮いていないかチェックするが無反応。

ふら~っと足元の影から出てきたシーバスにロックオン!「ワームか?いや、ジョイクロ投げてみるか」。

ジョイクロを沖にキャストし、S字を描きながら引いてくると「今までどこにいたの?」っていうぐらいのシーバスのチェイス!「5、6尾いるな~。取り合いしてくれればいいが、そんな感じじゃないな」。

ジョイクロに飽きたのか、シーバスは沈下……。

バイブでカマス25cm

「次はバイブ!」。レンジバイブ70を遠投し、着底から速めのリトリーブで引いてくると「コツンッ」「なんかきた~、何?」。上がって来たのは25cmほどのカマス!「もう君たちの季節か」。

離れた所でアジ釣りをしていた人にカマスをお譲り。「ん~、てか潮効いてきたな。マゴチいないかな?」。

ワームで細かくボトムノック

バイブを静ヘッド10gに変更し、ワームはフラットジャンキーダックフィンシャッド3.5inch(イワシ)をつけて、ちょい投げ。

陸っぱりルアーマゴチ釣りで2連発 細かい『ボトムノック』が決め手?タックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

サオを立ててボトムノックで探る。このとき、感覚的にはワームが底から15cmぐらい跳ね上がる感じで、サオ先だけをチョンチョンと動かすだけで良い。あまり遊泳力のある魚ではないので移動距離は少ない方が良い。

次のページでマゴチを連続ゲット

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。