テンビンタチウオ釣り初挑戦で23尾と大健闘 好みの釣り方で挑戦を

テンビンタチウオ釣り初挑戦で23尾と大健闘 好みの釣り方で挑戦を

8月初旬、東京湾の船宿へタチウオ釣りに出かけました。渋い時間は誘いをかえてアタリを引き出し、釣果はエサ釣りで21尾、ワームで5尾。満足の釣行となったので、リポートします。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

東京湾タチウオ活況

職場の後輩、七海さんとは、今まで何度か釣行したことがあり、すっかりハマってくれたようで、以前から「美味しいタチウオを釣ってみたい」とリクエストを受けていました。

タチウオは誘いが重要になるので少し難易度は上がりますが、夏は小型主体ながら、浅場で数が釣りやすいので、初心者にはもってこい。そこで、チャレンジしてみることにしました。

テンビンタチウオ釣り初挑戦で23尾と大健闘 好みの釣り方で挑戦を鋭い歯に注意(提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

私も2年ぶりのタチウオ船。とっても楽しみです。この日集まったのは9人で、子ども連れの人も。私たちは左舷胴の間に座りました。

天気は快晴、日焼けと熱中症対策が欠かせない一日となりそうです。日焼け止めと、いつもより多めの飲み物の準備をして7時に出船。

開始早々本命のアタリ

七海さんは、先調子で硬めのロッドを使用。シャクリやすそうで、アワセもばっちりな感じ。私は以前、初めて買った7対3調子の軟らかめのライトゲームロッドを使用してみました。誘いはコツがいりますが、掛けたときの竿の曲がりがとっても気持ちいいです。

狙う水深は15m前後と浅いので、小型ベイトリールをセット。仕掛けは、「からまん天秤」に「船太刀魚の基本1本針」、フックサイズは1/0を使いました。

テンビンタチウオ釣り初挑戦で23尾と大健闘 好みの釣り方で挑戦を良型ゲット(提供:渡辺釣船店)

40分ほど船を走らせたところで、富津沖のポイントに到着。すでに僚船が集結しています。「はい、どうぞ。タナは底から5m」と、船長の合図でスタート。

早々にミヨシでヒット。私たちも小刻みな誘いで、念願のアタリ。竿先がガシッと止まり、気持ちいい~。釣り人の間で、”水中根掛かり”と例えられますが、まさにそんな感じです。

初挑戦で取り込み成功

タチウオは食い上げてくることが多く、テンションが抜けてバレやすいので、基本的に早巻きで最後まで慎重に巻き上げます。

七海さんは、初めてのヒットにドキドキしている様子。天ビンをつかんで、竿を置いて……抜きあげる一連の動作を丁寧に行い、無事取り込み成功。ここでやっと安心できたようで、こぼれるような笑顔。

テンビンタチウオ釣り初挑戦で23尾と大健闘 好みの釣り方で挑戦を初挑戦でゲット(提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

この流しで何尾か追加したあと、しばらくするとアタリが遠くなります。「反応はあるんだけどね。いろいろ試してみてください」と船長。

そこで、誘い方を変えてみることに。タナが狭いので限られますが、強めでシャープにシャクり、ピタッと止めて、食わせる間をしっかりとってみるとアタリが復活。彼女にもこの誘いを伝えるとガツン。一生懸命リールを巻く姿がなんとも初々しい。

ジグヘッド&ワームでも

このあと、アタリはあるものの、なかなか追いかけてくれなかったり、掛からないことが多かったので、フックサイズを2/0に替えてみると、フッキング率が上がりました。

昼すぎ、船長に許可をもらい、ジグヘッド&ワームでも挑戦。キャストして着底させ、ただ巻きしてくると引ったくられるようなアタリでヒット。 

テンビンタチウオ釣り初挑戦で23尾と大健闘 好みの釣り方で挑戦を130cmの大型の姿も(提供:弁天屋)

なかなか横引きが難しい流れになったときは、縦に誘うイメージで、シャクリとフォールを組み合わせてステイさせると、穂先を突き上げるようにフワッとアタック。こちらはなかなか掛けるのが難しかったですが、うまくフッキングが決まると突然竿が止まるので、とっても楽しかったです。

次のページで最終釣果発表!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。