メッキゲームで本命ギンガメアジ 100均ルアーでオオモンハタもヒット

メッキゲームで本命ギンガメアジ 100均ルアーでオオモンハタもヒット

三重県・南伊勢町の五ケ所湾まで出かけた。メインはメッキだったが、夜のアジングにマイクロジグの根魚狙いと多彩にたのしめたので、その模様をお届けする。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

五ケ所湾でメッキゲーム

早いもので8月も2週目、暦の上ではもう秋だ。せっかくの連休だが、台風の影響もあって海の上には出られそうもない。ただ、雨の心配はなさそうなので、7日の夜から三重県・南伊勢町の五ケ所湾まで出かけてみた。

晩夏の楽しみといえばメッキ。ロウニンアジに代表される大型のヒラアジ類の幼魚の総称で、南海から黒潮に運ばれて本州沿岸に流れ着く。冬の低水温には適応できないことから、死滅回遊魚と呼ばれる悲しい運命を持った魚たちだ。

とはいえ、この時期のメッキは迫力も親譲り。豪快な水しぶきを上げてルアーにアタックしてくれる。

夜は常夜灯周りでアジング

7日の深夜に到着すると、常夜灯周りにはアジらしい群れが確認できる。0.8gのジグヘッドにパワーイソメをセットし、水面直下をスローリトリーブで誘うと早々にヒットしてくれた。

しかし好調だったのは最初だけで、その後はアタリも散発。深いレンジを探ればネンブツダイの猛攻だ。

1時間で15cm弱のアジを5匹キャッチしたが、潮が動かず状況は上向かない。深追いはせずにサッサと諦め、日付が変わったところで仮眠することにした。

メッキゲームで本命ギンガメアジ 100均ルアーでオオモンハタもヒット夜はアジ狙い(提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

早朝からメッキ狙い

翌朝、午前5時ごろに目を覚ますと外は爆風。南伊勢なら地形的には大丈夫と予想していたが、現実は厳しそうだ。

ここで釣友の伊藤君と合流し、5時半ごろにスタート。まずはスロープ周りにCD3をキャストし、トゥイッチを絡めたファーストリトリーブで探る。ここで伊藤君にチェイスがあったようだが、私には反応なし。

メッキゲームで本命ギンガメアジ 100均ルアーでオオモンハタもヒット当日のタックル(作図:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

次は水門周りに移動し、周辺を探っていくとガツンというバイトがあった。残念ながらヒットには至らなかったが、本命のような雰囲気だ。

次のページでギンガメアジがヒット

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。