ジギング&タイラバゲームで8魚種キャッチ 夏の鳥羽沖ルアー釣りが熱い

ジギング&タイラバゲームで8魚種キャッチ 夏の鳥羽沖ルアー釣りが熱い

サワラ&青物狙いで三重県鳥羽市安楽島の強丸に出かけた。前半のジギングはもちろん後半のタイラバも好調で、おいしい魚の8目釣りに成功した釣行をリポートする。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤新治)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

強丸でジギング

7月に入り、鳥羽ではサワラの釣果がちらほらと聞こえてきた。そこで7月24日にサワラ&青物狙いで三重県鳥羽市安楽島の強丸に、釣友の森氏とジギングに出かけた。

午前5時すぎに現地に到着し、船長にジグサイズを確認すると120g前後との指示。ファーストジグはTGベイト120gをセットし、5時半すぎに出船した。

ジギング&タイラバゲームで8魚種キャッチ 夏の鳥羽沖ルアー釣りが熱いタックル図(作図:週刊つりニュース中部版APC・伊藤新治)

最初のポイントは沖の水深50m前後。船長の合図でジグをフォールさせる。着底後3~4巻きはただ巻き、その後ワンピッチで誘う。15~20mシャクり上げると再度フォールさせ、同じように誘うと早速バイトだがうまく乗らない。

ハマチ&サバが連発

気を取り直し、ワンピッチで丁寧に誘うと2回目のバイト。今度はしっかり掛ける。グイグイ巻き上げるとファーストヒットはマサバだ。その後、フォール中にハマチがヒットするが、隣の森さんはコンスタントにハマチ、マサバを連続ヒットさせる。

ジギング&タイラバゲームで8魚種キャッチ 夏の鳥羽沖ルアー釣りが熱いブリブリの大ハマチもキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤新治)

ジグの重さを聞いてみるとTGベイト80gを使用していたので、私も100gに変更。すると早速バイト。バッチリアワセを入れると、引きの強さからハマチと確信するが、水面まで来るともう1匹の魚影が見える。なんとハマチとサバのツインヒットだ。

サワラも登場

それからコンスタントにハマチ、サバがヒットする。青物好調のなか、船長から船中でサワラが釣れたとのアナウンスあり。すると着底後ただ巻後、最初のワンピッチでゴンとアタリ。

ジギング&タイラバゲームで8魚種キャッチ 夏の鳥羽沖ルアー釣りが熱いただ巻きからのワンピッチでゴンッ(提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤新治)

引きからサバと思ったが、水面までくると細長い魚影。慌てて自分でタモ入れするとうれしいサワラだ。

次のページはタイラバでもヒットで8目達成!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。