【釣魚レシピ】キスのバジル焼き フライパン一つで簡単調理が嬉しい

【釣魚レシピ】キスのバジル焼き フライパン一つで簡単調理が嬉しい

釣り入門に最適なキスだが、料理はなかなか難しいものばかり。今回は料理入門にもおすすめな「キスのバジル焼き」を紹介する。定番に飽きたベテランにも、ぜひ試していただきたい。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター牧野博)

牧野博

初めて投げ竿を持ったのはもう50年近く前、関東で就職してからクラブに入会し、投げ釣りの面白さに魅了されました。根掛かりの多い砂地の磯場や河口内でわざわざ引き釣りをするという特異な習性があるほか、秋にはヘラ竿を持って汽水域を徘徊することもあるようです。

×閉じる

その他 レシピ

キスをバジルで洋風に

キスの料理といえば天ぷらやフライ、大型なら造りや塩焼きなど、和風の料理が多い。天ぷらだと揚げ物の用意が必要だし、塩焼きは結構技術が必要である。もっと簡単に、フライパン一つと若干の調味料で気軽に調理できないか。

そんな発想で生まれた料理「キスのバジル焼き」を紹介したい。キスはハーブとも相性もよく、定番の和風料理とは違った新鮮さがある。

釣ったキスの保存

多くのキャスター、船釣りのアングラーがそうしていると思うが、釣れたキスはクーラーにすぐ投入して鮮度を保ちたい。締めたりする必要はないが、魚が氷や保冷材に直接接触しないように、ビニール袋などに入れて氷焼けを予防したい。

キスの持ち帰り方

クーラーに入れたままで持ち帰る。遠くに釣行して一泊するような場合は、途中で氷を買い足してクーラーに入れる。冬場なら、クーラーに入る大き目の板氷1本で十分持たせることができる。

自宅での下処理

持ち帰ったキスは、ざっと水洗いしてから鱗を落とし、内臓をきれいに取る。さらにエラを取って綺麗に洗い、水気を切る。

キスのバジル焼きの材料

ではキスのバジル焼きの材料と調理手順を紹介する。まずは材料から。

・キス:3~5匹
・塩
・乾燥バジル
・マヨネーズ

【釣魚レシピ】キスのバジル焼き フライパン一つで簡単調理が嬉しい材料はたったこれだけ(提供:TSURINEWSライター牧野博)

次のページで調理手順を紹介!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。