最盛期迎えた「陸っぱりハゼ釣り」満喫 河川&漁港で本命78尾キャッチ

最盛期迎えた「陸っぱりハゼ釣り」満喫 河川&漁港で本命78尾キャッチ

ハゼ狙いで千葉の境川と行徳港へ釣行。どちらの釣り場でも連発を味わい、合計78尾という好釣果を得た釣行をリポートしたい。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・澤田朝寛)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

境川でハゼ釣り

7月31日(土)、ハゼ狙いで釣行。当日は快晴で真夏日の予報。千葉浦安地区の境川に向かう。9時20分ごろ満潮、15時10分ごろ干潮予定なので、下げ潮狙いで14時ごろに釣り場到着すると、夏休み期間ともあってハゼ釣りを楽しむ釣り人が多数。

青イソメエサを使った0.5号オモリのミャク釣り仕掛けをセット。

最盛期迎えた「陸っぱりハゼ釣り」満喫 河川&漁港で本命78尾キャッチタックル図と釣り場周辺略図(作図:週刊つりニュース関東版APC・澤田朝寛)

移動しながら探り50尾

開始早々、竿先に小気味いいアタリ。タイミングをみて素早くアワせると8cm級本命が釣れる。

アタリがあってもハリ掛かりしないことがあったが、エサの大きさを調整し、誘いやアワセのタイミングを変えると連発。前回の釣行時よりも魚の成長が進んでおり、信じられないくらい大きなアタリが続き楽しめる。

アタリが少なくなれば転々と移動しながら数を伸ばし、2時間程度で50尾ほど。

最盛期迎えた「陸っぱりハゼ釣り」満喫 河川&漁港で本命78尾キャッチ境川の様子(提供:週刊つりニュース関東版APC・澤田朝寛)
▼この釣り場について
境川

行徳港へ移動

そこで違う場所の状況を確認するため16時に大きく移動。向かったのは15分ほど移動した市川地区の行徳港。

16時半に到着。こちらは釣り人が少なく閑散。足場のいい場所を選んで同じ仕掛けで釣り再開。

最盛期迎えた「陸っぱりハゼ釣り」満喫 河川&漁港で本命78尾キャッチ行徳港の様子(提供:週刊つりニュース関東版APC・澤田朝寛)

10cm級交え18尾キープ

開始直後はアタリがなく心配したが、潮が上げてくると活性は上がってアタリが多発。10cm級が交じり、一時は連発もあり順調に釣果を重ねる。

型はいいが、アタリが散発したため18時ごろ納竿した。ここでは18尾をキープ。

時間帯にもよると思うが、数は境川が上回り、サイズは行徳港がよかった。今回は両場所合わせて78尾。今年のハゼ釣りは期待できそうだ。

最盛期迎えた「陸っぱりハゼ釣り」満喫 河川&漁港で本命78尾キャッチ境川で釣れた良型(提供:週刊つりニュース関東版APC・澤田朝寛)

(編集部注)河川や港内などには一部進入、釣り禁止の場所があるので注意を。

<週刊つりニュース関東版APC・澤田朝寛/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
行徳港
この記事は『週刊つりニュース関東版』2021年8月13日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。