夏はトップチニングゲームが面白い 46cm頭にチヌ2尾【鳥取・中海】

夏はトップチニングゲームが面白い 46cm頭にチヌ2尾【鳥取・中海】

鳥取県境港市中海にある幅30m、水深3mほどの水路の近くでトップチニングゲームを楽しんだ。46cmを頭に2匹の本命を仕留めた釣行をリポートしたい。

鳥取県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・中濱友也)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

トップウォーターでチヌを狙う

夏の釣り物で最近注目を集めているのが、チヌをルアーで狙うチニングである。夏は、春の産卵で消耗したチヌが体力を回復させるため、浅瀬でエサを荒食いする。

この時期はワームに限らずハードルアーにもよく反応するハイシーズンである。今回は、水面付近で動くポッパーを使用しての豪快なトップウォーターチニングゲームを紹介する。

夏はトップチニングゲームが面白い 46cm頭にチヌ2尾【鳥取・中海】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・中濱友也)

タックルは上図の通り。今回はシーバスロッドを使ったが、軽いルアーを使用する時や幅の狭い川や水路で釣りをする場合は、短いバスロッドが扱いやすい。ルアーは8gのポッパー。

ポッパーでアピール

ポッパーは、口部分がお椀型にへこんで水に浮くように設計されたトップウォータールアーだ。へこんだ口の部分で水を弾いて、シャワーのように前方に弾き飛ばすことができる。また、空気を含ませて「ポコッ」という音を出せる。

夏はトップチニングゲームが面白い 46cm頭にチヌ2尾【鳥取・中海】使用したポッパー(提供:週刊つりニュース西部版APC・中濱友也)

この音は魚が水面付近のベイトをのみ込む音に似ている。つまり、ターゲットに水面付近に小魚がいて、それをほかの魚が食べていると思わせるアクションをする。

ポッパーでチヌを狙うに適した場所は浅場だ。チヌは夏になると浅場の底付近で活動するので、水深5m未満の河口や水路、砂浜がお勧めだ。近場でこのような場所を探してみよう。

境港でトップチニング

6月26日、中潮。朝方、鳥取県境港市中海にある幅30m、水深3mほどの水路に出かけた。水路に架かる橋の上から覗き込むと、数尾のチヌの姿が見えた。チヌは警戒心が強い魚なので、見えている個体は釣るのが難しい。

橋の下はいいポイントに見えるがプレッシャーが高いのでここはスルー。チヌがこの水路にいることが分かれば十分だ。橋から離れて釣りをする。河口や水路の場合は、チヌが岸ギワにいる場合が多い。

夏はトップチニングゲームが面白い 46cm頭にチヌ2尾【鳥取・中海】キャスト方法(作図:週刊つりニュース西部版APC・中濱友也)

上図のように対岸、斜め、自分側とキャストし、アタリがなければ前進する。こうすることで警戒心を極力与えないことが肝要だ。

次のページで46cm良型チヌヒット!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。