沖磯でのアラカブゲームが面白い テキサスリグでアタリ連発【大分】

沖磯でのアラカブゲームが面白い テキサスリグでアタリ連発【大分】

7月3日、ターゲットをアラカブくんと指名し、大分県は鶴見の磯にロックフィッシュゲームに行きました。好釣果を得た磯でのガチンコ勝負の模様をお届けします。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター藤本みどり)

藤本みどり

フカセ釣りに魅了され、1年中元気に釣りに出掛けています☆自然の中で四季を感じながら、日々コツコツ楽しく学んでいます。【釣研スペシャルスタッフ/釣まんフィールドテスター】

×閉じる

ソルトルアー ショア

速見丸で鶴見の磯へ

当日は、県南に下りまして、大分県は鶴見の磯に釣り仲間と出掛けました。渡船は、速見丸さんにお世話になりました。ムシムシと暑い気温、夏の到来を感じました。磯場は白崎1番と4番です。

沖磯でのアラカブゲームが面白い テキサスリグでアタリ連発【大分】沖磯での釣り風景(提供:TSURINEWSライター藤本みどり)

テキサスリグで挑戦

根魚(岩陰や藻の中に潜んでいる魚・アラカブ、ソイ、アカハタなど)を釣り上げることを「ロックフィッシュゲーム」と呼びます。なんだかお洒落な響きがしますね。

すっかりはまったロックフィッシュゲーム、今回はテキサスリグにしてみました。シンカーとフック、ワームが基本の仕掛けです。それに色付きビーズを付けたり、組み合わせのアレンジが効くところが面白い面ですね。エサはワーム以外にもサバの切り身ときびなごを準備しました。同行の兼元さんが、ロックフィッシュの達人、学びの日となりました。

沖磯でのアラカブゲームが面白い テキサスリグでアタリ連発【大分】テキサスリグで挑戦(提供:TSURINEWSライター藤本みどり)

足元からドスンと際に落とす穴狙いにはブラクリが適していますが、沖に投げる場合は、テキサスリグの方がやはり扱いやすいですね。着底からの誘いも工夫しやすいです。底をずるずると引いてみたり、ジャンプさせたり、底とジャンプの反復だったり……。エサが泳いでいるように誘ってみたり。ちゃんと魚はリアクションしてくれました。

際でクロソイ登場

白崎1番は最初から、アラカブのアタリは多く、全く退屈することなく過ごせました。可愛いサイズはリリースしながら、リールを巻き巻きしながら釣り上げていきます。

際を狙うと、ぐーんと引っ張られるような鋭い引き!体勢を整えながら、耐えて浮かせたのはクロソイでした。大興奮です。

沖磯でのアラカブゲームが面白い テキサスリグでアタリ連発【大分】際狙いでクロソイ(提供:TSURINEWSライター藤本みどり)

後ろを振り返ると、フカセ仲間の藤本さんがうらやましそうな顔で立っています。そっと竿を渡しました。すると、私が釣ったのより大きなアラカブも釣り上げました。

沖磯でのアラカブゲームが面白い テキサスリグでアタリ連発【大分】釣友たちも連発(提供:TSURINEWSライター藤本みどり)

次のページで良型アラカブ登場!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。