良型イサギ狙いカカリ釣り さしエサ変更が当たり40cm超手中【愛媛】

良型イサギ狙いカカリ釣り さしエサ変更が当たり40cm超手中【愛媛】

旬のイサギを釣りに、愛媛県の日振島へ行ってきた。思いのほか苦戦を強いられたが、狙いの40cm超の良型をゲットできたので、その模様をお届けしたい。

愛媛県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター濱堀秀規)

濱堀秀規

徳島県在住の濱堀秀規(ハマちゃん)と申します。「地球は僕らの遊び場さ」と磯釣りや船釣りで1年どこかの海を駆け回っています。得意技はフラれる事、特にお魚に。釣り記事以外にも、徳島の農産物と食を題材に「浜ちゃんのうまいモノ絵日記」と題したコラムを10年以上毎月連載中。マルキユーフィールドスタッフ。1級小型船舶操縦士。

×閉じる

海釣り施設 イカダ&カセ

隣の船は大当たりだが……

イケスの小割に陣取り釣りをはじめたが、アタリがない。しかし、先に陣取った2人組の船は、5ヒロでグレの入れ食いだそうだ。途中で超大型のキツ(いずすみ)も釣り上げて、海にお帰りしている。

そして、2人組の船に本命のアタリが出だした。サイズも良型イサギである。なんともうらやましい。ポイントがちょっとちがうだけで、底の地形や潮の流れがちがうので、こんなにも釣果が違ってくる。「腕の差じゃ」と嘆くが、反応がないのはどうしようもない。

ついに私たちにもアタリが

小一時間してから後、私たち4人組にも本命イサギのアタリが出だした。うーん?でも、サイズがいまいちである。みな、釣っては海にポチャンとお帰りしている。

私にも食ってきたが、小さい。とえりあえず、イケスに放り込んだ。「磯からだと、やったーってな具合で、25cmはあるぞとクーラーに放り込むのだろうけど……」。「活かしとき。いつでも、海に返せるけん」「ほれは、天然のいけす(海)だろう」と、それぞれのエールなのかヤジなのか、わからん声が聞こえる。

皆、食ってくる30cm前後のイサギに不満のようだ。しかし、私は「上等、上等。おいしいよ」「1匹は、いっぴきやけん」と元気づけようとする。同時に、もっと大きなサイズを狙って、仕掛けを打ち返すのである。

良型イサギ狙いカカリ釣り さしエサ変更が当たり40cm超手中【愛媛】次第ににぎやかになるイケス(提供:TSURINEWSライター濱堀秀規)

ハマチ攻勢

「おー、おおきいでー」しばらくやりとりをしていると「なんか、ちやうなあ」「ほれ、イサギちゃうでよ」とサオの曲がりや、やりとりを見ていた仲間が茶化し出す。最後は、ぷっつんとなった。そのすぐあと、同船者にも大きな当たりである。今度は姿が見えた。キラッと光ったお腹が白く、尻尾が黄色い。イエローテール(ハマチ)である。「あーさっきのも。これだじゃな」とつぶやいた。同船者は、この魚のハリを外して、海にお帰りいただいている。やっぱり、旬のイサギ狙いやからだな。

「まるで、最近の若い氏みたいやなあ。ルアーで釣って、写真を撮ってキャッチアンド・リリースする」「はははっつ。今のハマチはいらんわ」と余裕である。それに引きずられたのか、他の同船者も、次々にハマチを釣り上げる、そして、同じように、リリースである。

そのハマチお祭りが終わると、アタリがなくなってしまった。「あーやっぱり、ハマチでもクーラーに入れとくんだったかも」と言う釣友に、「大丈夫本命の50cmオーバーイサギがきますぜ」「ほんまに?わはは」と明るい雰囲気になる。人は、現状がどうであれ、未来が明るいと希望が持てるとなると、元気が出るモノである。しかし、この「大丈夫」には根拠がないのであるが、船上の雰囲気がよくなったので、よしとしよう。

場所がわり

「うーんあかんわ」船長もしびりをきかして、「かわってみましょうか?」と聞いてくれたので「はい、皆さん場所がわりです。サオをあげてください」「はーい」「手をあげてどうすんの。わははっつ」と、深場に移動した。ここでも、だめ。またしても移動。今度は浅場。それでもだめ。「最初のところに戻ってみますか」「うーん、反対側は?」と船長と相談して、場所が決まった。

だいたい、釣れないときは、移動が多いモノである。磯釣りでも、磯がわりの船にたくさんの人が乗っているときは、釣れてない証拠だが、カカリ釣りでもボートがあっちやこっちに再々異動しているのは、釣れてないときと相場が決まっている。

「まあ、釣れなくても、こんなきれいな楽園で、ボート遊びしているだけでも、幸せなんでいいんやけどなあ」とつぶやくと、それを聞いた釣友が「やっぱり、釣れた方がええだろう」と突っ込んでくる「ほら、そうやけんど……」

次のページで良型腹パンイサギが登場

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。