チカメキントキ五目釣りで本命19匹 イカタン&サバタンは必須【千葉】

チカメキントキ五目釣りで本命19匹 イカタン&サバタンは必須【千葉】

南房総の乙浜港を拠点とするしまや丸さんを利用し、チカメキントキを狙って釣行した。イカタン、サバタンを持参せず前半は苦戦したが、本命19匹の釣果を得たのでリポートしたい。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

前島宣秀

年間釣行80日、北海道から沖縄まで食べたい魚は自分で釣り歩く、ダイワ大好き釣りバカオヤジです。

×閉じる

船釣り エサ釣り

しまや丸でチカメキントキ釣り

南房総の乙浜港を拠点とするしまや丸さんはスルメイカ、ヤリイカ、キントキでは特に人気があり、週末はもちろんのこと、平日でも予約がなかなか取れない超人気船宿。

電話予約の順番で席が決められ、船宿前に席順が書かれてあるので、集合時間に行けばいい。島野一男船長は一見強面ではあるが、心優しく指示ダナなど的確にアナウンスしてくれる力強い味方だ。

チカメキントキ五目釣りで本命19匹 イカタン&サバタンは必須【千葉】お世話になったしまや丸(提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

当日のタックル&仕掛け

タックルは、サオがリーディングH200、リールはシーボーグ300JにPEライン3号でのライトタックル。仕掛けがぐちゃぐちゃにならないようにマグネット持参であった。

チカメキントキ五目釣りで本命19匹 イカタン&サバタンは必須【千葉】私のタックル(提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

仕掛け

仕掛けは船宿仕掛けと持参した自作の仕掛けを使用した。フィーバータイムは限られているので、オマツリ時には新品とすぐに交換した方が釣果は伸びる。最低5セット用意した方が安心、かえバリも準備した方が確実だ。

チカメキントキ五目釣りで本命19匹 イカタン&サバタンは必須【千葉】当日使用した仕掛け(提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

エサの種類と付け方

船宿が準備しているエサはイワシであり、付け方は下あごから上あごへ通すか目を左右に通すかが基本であるが、取れやすいので仕掛け投入時に衝撃をなるべくかけないことが重要。

サバタン、イカタンなどエサ持ちがいいものは各自持参なので注意が必要。

チカメキントキ五目釣りで本命19匹 イカタン&サバタンは必須【千葉】船宿支給のイワシ(提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

周囲で釣れるも……

当日は4時半集合。筆者は右舷ミヨシから二番目の釣行。5時少し前に満席で乙浜港を出船した。北東の心地いい風の中、ほどなく船長から、ここのところ潮が速いので港前から見てみます、10分で到着するので準備してくださいのアナウンスがあり。エサを付けて準備万端で待機する。当日は風も穏やかであったので仕掛けがグシャグシャにはならなかったが、マグネット持参は有効だ。

1投目、周りの方々はダブル、トリプルなどガクガクとサオをしならせていたが、筆者にはアタリすらない。周りを観察することは釣りでは非常に重要。筆者は船宿エサを使用していたが、当日は持参エサに分があったようで、釣れている方々は持参したイカ、サバを細長くちょん掛けして使用していた。

頂き物のエサで本命ヒット

第2投目もアタリがないことに見かねた周りの方々が、持参したイカ、サバタンを分けてくれた。感謝、感謝で言葉もない。

なんでも、朝方はイカサバの方がいいとのこと。常連の方が教えてくれた。第3投目には筆者のサオもようやくガタガタ震えた。一発目は慎重に追い食い無しに巻き上げるとイカタンに食っていた。

その後、電動リールを超デットスローで巻き上げていると、4m付近でキントキ特有の食い上げからPEラインがふわりとたるみ、そのままにしておくと上がってきたのはトリプルのキントキであった。

なんの魚でも同じだが、タナが重要だ。次回は釣れたタナ付近をねちねちと攻めると追い食いが狙えると思う。

チカメキントキ五目釣りで本命19匹 イカタン&サバタンは必須【千葉】チカメキントキをキャッチ(提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

次のページではフィーバータイムの模様と最終釣果を紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。