チカメキントキ五目釣りで本命19匹 イカタン&サバタンは必須【千葉】

チカメキントキ五目釣りで本命19匹 イカタン&サバタンは必須【千葉】

南房総の乙浜港を拠点とするしまや丸さんを利用し、チカメキントキを狙って釣行した。イカタン、サバタンを持参せず前半は苦戦したが、本命19匹の釣果を得たのでリポートしたい。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

前島宣秀

年間釣行80日、北海道から沖縄まで食べたい魚は自分で釣り歩く、ダイワ大好き釣りバカオヤジです。

×閉じる

船釣り エサ釣り

ラストにもフィーバータイム

確かに言われた通り、朝の一時間が過ぎるとパタッと魚信もなくなる。港前では10匹を上げ、千倉沖へ20分程の場所移動となった。

左舷トモではマハタや単発でポツポツは釣れるが、こちらはさっぱり。しかし、朝食タイムからのおやつタイムも過ぎたラスト1時間、再びのフィーバータイムが突然始まった。

なにしろ手返しが重要。絡んだ仕掛けははさみで切り、新品へ交換してなるべく早く魚がいるタナへハリを落とすことが最重要である。

終わってみればトップ20匹、筆者は次点の19匹での沖上りとなった。今回はエサを持参しなかったことが悔やまれる。

チカメキントキ五目釣りで本命19匹 イカタン&サバタンは必須【千葉】釣果の一部(提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

速潮時仕掛けの考え方

潮が緩ければまだいいが、当日は上潮が速く魚もダブル、トリプルとなると、どうしても仕掛けは流れてしまう。同船者にはPEライン8号にヨリトリリングまで付けての釣行の方も見受けられた。ホームページの船宿推薦の仕掛けはぜひとも参考にしていただきたいと思う。

チカメキントキのおいしい食べ方

チカメキントキ五目釣りで本命19匹 イカタン&サバタンは必須【千葉】船上で見事に干物を作成する強者も(提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

身の締りもよくほどよい脂の乗りから高級魚と称されるキントキ、食べ方もいろいろできる。

ただし、ヒレやウロコが硬く、下処理する時には注意して下処理を行うこと。

定番は刺し身、昆布ジメ、干物だが、アラで出汁を取り、昆布ジメ切り身を乗せて塩を一つまみ、そしてねぎをかけた出汁茶漬けは至福の時間が味わえるのでお勧めだ。

<前島宣秀/TSURINEWSライター>

▼この釣り船について
しまや丸
出船場所:乙浜港

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。