今さら聞けないショックリーダーのキホン:代表的な結び方(ノット)

今さら聞けないショックリーダーのキホン:代表的な結び方(ノット)

PEラインやエステルラインなど摩擦に弱いラインを使う釣りでは、ショックリーダーの結束が必要となる。比較的簡易なノットと高度なシステムノットがあるので覚えておこう。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

その他 お役立ち

リーダーのノットとは?

PEラインとエステルラインは擦れに弱い。そのため、魚がヒットしてから、魚体で擦れたり、根で擦れたりすることを防ぐための、ショックリーダーの結束が不可欠。ショックリーダーは、主にはフロロカーボンラインを使用する。号数は幅広く、ライトゲームなら0.6号(2lb)くらいから、ショアでは最大6号(30lb)程度までを使用する。

リーダーの結束、すなわちノットには、多くの種類があるが、特殊な釣り物を除いて、実用的なのはおそらく次の4つ程度だろう。ちなみに筆者は、3つしか使わない。リグのアイへのイトの結束を含むと、4つだ。リーダーやラインの結束はなんだか疲れるイメージがあるかもしれないが、覚えてしまえば「技の記憶」で、料理や車の運転のように自然にできるもので忘れない。だから苦手意識を乗り越えて慣れてしまいたい。

あらかじめことわっておくと、ノットは文章に書かれたものを読んでやるのでは習得できない。動画や図解などを読んで習得してほしい。

簡易ノット

ここで「簡易ノット」とするのは、3.5ノット、トリプルサージェンスノットである。ライトゲーム向けのノットだ。太イトだとコブが大きくなりすぎて強度も出ず、使えない。

3.5ノット

まず、メインライン先端部と、リーダーの先端部を、10cm程度、イトを舐めて重ねる。そしてクルンと輪を作り、その輪の中に、重ねた二重のイトを3回通す。そして最後に本線だけもう一度通す。そして締める。端線をカット(2mm残して締めこむと強度が出る)。

結束強度はメインラインの70%くらいとなる。

今さら聞けないショックリーダーのキホン:代表的な結び方(ノット)3.5ノット(提供:TSURINEWSライター井上海生)

トリプルサージェンスノット

メインラインの先端部とリーダーの手元にくる部分を20cm程度重ねる。重ねた二本のラインで輪を作り、その中に二重のラインの先端を3回ほどくぐらせる。締めこんで、端線をカット。

結束強度はメインラインの70%くらいとなる。

システムノット

高い強度を維持できるシステムノット。いわばイト同士をらせん上に編み込んでいく結束方法となる。FGノット、PRノット。どちらもメインラインの90%程度の強度が出せる。ただし失敗率も高く、作業も難しい。参考までに筆者のFGノット最速は、釣り場でなく、事前に家の中で準備として結んでも、3分40秒程度。釣り場では5分以上かかるだろう。

システムノットはPEラインでのみ使用する。エステルラインではできない。PRノットは文章で伝えることが難しい。動画を見て、ノットアシスト具を使って実践してほしい。

FGノット

FGノットには変則術を含めいろんなやり方があるが、もっともベーシックなやり方としては両手と口を使う。まず片手の親指と小指にPEライン本線を巻きつけ、両方の指の間に張ったラインの幅の中に、リーダーを、まず上からくぐらせる。そして、PEを持った手をくるんと返して、ひねりをくわえる(これが編みこみ作業だ)。今度は下からくぐらせる。くるんと返す。この工程を20回程度繰り返したら手に巻いたPEを解き、編みこんだイトを舐めて、リーダー端線に対し、PE本線で仮止めのハーフヒッチをぎゅっと強くやる。

今さら聞けないショックリーダーのキホン:代表的な結び方(ノット)ハーフヒッチ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

そこからハーフヒッチを10回程度繰り返して、最後に本締め。これで完了となる。仮止めハーフヒッチと本締めは、輪の中にPEのイトを二回くぐらせてもいい。しっかりと締めこんでラインが抜けていかなければ、完了だ。リーダーとPEの端線をカットする。

ここからさらにPE同士の締め込み作業が本来ある。しかしこれは、PE1号くらいからでいい。0.8号でも不要だと筆者は思う。細イトでPE同士の締め込みをすると、ここで摩擦が出てしまい、PEの首が絞まってしまって強度が逆に落ちる。

今さら聞けないショックリーダーのキホン:代表的な結び方(ノット)きれいに結べたFGノット(提供:TSURINEWSライター井上海生)

次のページではいろいろ役立つ電車結びを紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。