ボートマゴチゲームで60cm超え連発 ボトムワインドが奏功【愛知】

ボートマゴチゲームで60cm超え連発 ボトムワインドが奏功【愛知】

今年初のボートマゴチに行ってきた。序盤は苦戦したが、後半ボトムワインドで良型が連発ヒットとなったので、その模様をお届けする。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・白柳雅和)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

ボートマゴチゲーム

6月6日、愛知県・美浜町の冨具崎漁港に停泊してある田島氏のボートに午前5時に集合。だがこの日は雨予報。昼近くにはやむ予報だが、向かう途中ですでに雨が降っている。

現地に着きレインスーツを着て出船。メンバーは田島船長、私、河辺氏、岩田氏、佐藤氏の5人。早速船を走らせて釣り開始。予想通りのローライトで雨もポツポツだ。

今回私はメジャークラフトの3代目クロステージのテンヤマゴチ70MHを導入。このロッドはこのロッドはソリッドティップで、穂先がかなり軟らかい。

使い方としてはルアーを着底させてから、ティップランのように2~3回巻きながらシャクリを入れ、フォールでアタリを取ることに特化したロッドだ。これに船長オススメのワーム、スタッガーオリジナル3.5inchのソルトカラー、グローシロギスとアカキンを、20g前後のジグヘッドにセットする。

だがマゴチからの反応がなく、かなり厳しい状況だ。開始して1時間ほど無!前々日のかなりの雨量の影響もあるらしい。移動を繰り返しパラつく雨のなか、集中力を切らさずひたすらキャストを繰り返す。

60cm級マゴチ続々登場

そしてようやくのファーストヒットは河辺氏。だが痛恨のバラシ。反応があるラインに入り直し、今度は佐藤氏が掛ける。50cm台後半のナイスなマゴチだ。そして続けざまに今度は60cmオーバーのマゴチをゲット。船内で一気にテンションが上がる。

アタリが少し遠のいたら小移動を繰り返し、岩田氏も50cm台後半のマゴチをゲット。私もようやく掛けたが、痛恨のバラシ。そして次に河辺氏がまたしても60cmオーバーのマゴチ。私だけ波に乗れず取り残されてしまった……。

ボートマゴチゲームで60cm超え連発 ボトムワインドが奏功【愛知】ラッシュの時間帯も(提供:週刊つりニュース中部版APC・白柳雅和)

開始して3時間ほど経過して、ようやくNEWロッドに慣れてきた。そして50cm台後半のマゴチの捕獲に成功した。田島船長にもマゴチが釣れ、船内全員安打達成だ。

次のページでは怒涛のラッシュの模様とヒットルアーを紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。