『ライトゲーム』ステップアップ解説:魚が「スレる」釣り方とは?

『ライトゲーム』ステップアップ解説:魚が「スレる」釣り方とは?

ルアーフィッシングでは、いかに魚をスレさせずに釣るかが重要だ。スレる原因となってしまうかもしれない釣り方を確認しておこう。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

アジ・メバルはスレる

ライトゲームの2大ターゲット、アジ、メバル。スレやすい魚だ。ただ、スレても基本的に個体数が多いので、シーバスやチヌやその他の釣り物と比べると、なんとか釣れる。

アジのスレ

筆者の私見だが、アジは比較的スレにくい。少なくとも、ワームを多投するくらいではそんなにスレない。ひとつ、気を付けなければならないスレ要因は、バラシだ。ショートバイトを乗せきれないくらいでは大丈夫だが、ハリ掛かりさせて、やり取りの最中にバラシてしまうと、確実にその群れにプレッシャーがかかる。掛けたら釣りきるところまで確実に。

また、アジはスレることとは別に、群れが抜ける時間帯がある。回遊魚の習性なので仕方ない。抜けたな、と思ったら、深追いしてミスをしないうちに切り上げてしまうことだ。

メバルのスレ

冬から春にかけて楽しませてくれるメバル。表層で簡単に反応してくれるいい魚だが、こいつはもう、めちゃくちゃスレやすい。シーズン序盤や活性が高いときは単純にポンポン釣れるが、それ以外の時期は、一度見たものは食わない。特に人的プレッシャーがかかりやすいエリアでは、ほとんど確実に二度目は食わない。連日たたかれているポイントでは、一度目さえ食わない。そういうメバルは連日ワームを見せられて、ちゃんと学習しているのだ。

『ライトゲーム』ステップアップ解説:魚が「スレる」釣り方とは?メバルは目が利くスレやすい魚(提供:TSURINEWSライター井上海生)

だが筆者の印象では、そんなに人的プレッシャーがかかっていないポイントでは、メバルはスレが解除されるのも早い気がする。たとえば、上げ潮で一度釣ると、上げきりまでは二度目は食わないが、下げ潮の下げ始めくらいでまた食う、そんなイメージだ。居つきの魚なので、アジのように抜けるということがなく、潮に絡んで一日に何段階も釣ることもできる。

リリースでスレる

アジ、メバル、両方のターゲットにいえるスレ要因として、「リリース」がある。

ゲームフィッシングでは優しいキャッチ&リリースがアングラーの礼儀だが、リリースの仕方はちょっと簡単にやってはいけないところがある。釣ったその場にポンと放すと、確実にその周辺の魚がスレる。アジ、メバル、ともにそうだ。リリースで釣りが難しくなる。少し離れたところで、水面に近い位置で優しくリリースしよう。

次のページでは「スレを招く釣り方」を紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。