【2021愛知】鮎トモ釣りオススメ河川:振草川 静かにアプローチが吉

【2021愛知】鮎トモ釣りオススメ河川:振草川 静かにアプローチが吉

アユトモ釣りのオススメ河川として、静岡県との県境にほど近い愛知県・東栄町を流れる、振草川を紹介する。緩やかな岩盤層の優しい流れの川だ。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・川出織絵)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り アユ釣り

群れアユ見つけやすい振草川

天竜川水系の中でも、緩やかな岩盤層の優しい流れの川、大千瀬川。静岡県との県境にほど近い愛知県・東栄町の振草川と呼んだ方が、なじみ深く感じる人も多いのではないだろうか。

岩盤層の川がゆえ、水温が上がりやすいといった点もあるが、愛知県内で最も解禁の早い川で、アユ釣りファンの我慢の限界に、救いの手を差し伸べてくれるありがたい川でもある。

【2021愛知】鮎トモ釣りオススメ河川:振草川 静かにアプローチが吉七道橋から下流(提供:週刊つりニュース中部版APC・川出織絵)

今年はすでに3月下旬から、4月上旬に愛知県の木曽川産F2を900kg、昨年から放流を再開した琵琶湖産800kgを4月25日に全エリアに放流している。その昔は、天竜川からの天然遡上の大アユも釣れたとか。

現在は100%放流で、アユが散りにくくもあるのだが、逆に岩盤の中の明るい溝や、小石絡みの水深の少しある場所などは、群れアユを見つけやすくポイントも絞りやすい。

アプローチは静かに

上飛ばしでオトリをナジませ、1匹目を釣ったら思わず口元がニンマリ。イトを張りすぎず、オトリに群れアユを見つけてもらうような気持ちで。目印をゆっくりめで追う。

【2021愛知】鮎トモ釣りオススメ河川:振草川 静かにアプローチが吉参考仕掛け図(作図:週刊つりニュース中部版APC・川出織絵)

「掛かるぞ!」、「わぁーっ!思い出してきました!あの感覚!」。そんな場所を見つけたらしめたもの。「また掛かっちゃったいねー」の連発だ。何年たっても待ち遠しいものだ。

引き舟はなるべく岸際に置いて、音を立てずがマストだ。サオや人影、目印などにも敏感に反応するから気を付けてほしい。振草川のアユはデリケートなのだ。

この川に初めてトライするなら、こんな感じでアユにアプローチしてみてはいかがだろうか。

お墨付きの味に舌鼓

水温が高いときは、釣ったアユをしっかり冷やして持ち帰れば、とても上品な味を楽しむこともできる。

私のお勧めの食べ方は、コーンスターチに軽くまぶして低温から揚げ、塩を振る。身の上品さがダイレクトに伝わるシンプルな一品だ。

【2021愛知】鮎トモ釣りオススメ河川:振草川 静かにアプローチが吉本郷橋から役場前を望む(提供:週刊つりニュース中部版APC・川出織絵)

近年漁協がアユの買い取りもしているし、平成23年、25年には「清流めぐり利き鮎大会」で準グランプリ、29年にはグランプリを受賞したこともあるお墨付きの味なのだ。5月下旬から6月上旬には、琵琶湖産の追加放流の予定もあるので期待も膨む。

人気ポイントも目白押し

駐車場もあって入りやすいのは、役場前、松の本住宅前、七道橋(しちんどばし)も良い。桃源橋も人気ポイントだ。

【2021愛知】鮎トモ釣りオススメ河川:振草川 静かにアプローチが吉桃源橋から上流(提供:週刊つりニュース中部版APC・川出織絵)

地元の人に迷惑のないように、解禁早々もめ事のないように、帰りには近くの温泉にでも入って、気分爽快で今シーズンも気持ちの良い幕開けにしましょう!

<週刊つりニュース中部版APC・川出織絵/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
振草川
問い合わせ:振草川漁協 TEL=0536(76)0242
この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年5月21日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。