今さら聞けない『あゆトモ釣り』のキホン:天然と養殖の見分け方とは?

今さら聞けない『あゆトモ釣り』のキホン:天然と養殖の見分け方とは?

今回は、今さら聞けない、鮎の天然と養殖の見分け方の基本の「き」を解説。毎年5月から6月にかけては、全国で次々とアユの解禁を迎えるので参考にしてほしい。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース鮎特別版 編集部)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り アユ釣り

天然ソ上と人工産

渓流釣りでは、「ネイティブ」とか、「ヒレピン」というように、天然魚と放流魚を、まったく別物として扱う釣り人は多い。

一方、アユ釣りや海釣りでは、そこまでこだわって狙い分けるケースは少ないように思う。それでも、釣った個体が天然ソ上か、人工産なのかくらいは知りたいところ。

解禁表を見ても湖産、○○県海産、〇〇県人工産…と多くの産地が並ぶ。

今さら聞けない『あゆトモ釣り』のキホン:天然と養殖の見分け方とは?「あなたはどちらのご出身?」(提供:週刊つりニュース鮎特別版 編集部)

天然と養殖の見分け方

見分けるポイントは、頭長比、側線上方横列鱗数、下顎側線孔数、鱗相などに若干の違いがある。

下アゴの穴の数

下アゴの穴の数は、天然種苗はほぼ左右4対に対し、放流アユはそれと同じか、少ないとされる。

ウロコの数

ウロコは、背ビレの先端から側線にかけての数が、23枚以上になると琵琶湖産種苗、22~19枚が天然種苗、18枚以下になると海産の親から採卵された人工種苗。

ウロコが大きいとされる人工産は、天然アユに比べ魚皮が硬いということが想像できる。よって、種苗の違いは、使うハリの種類選びにも関係してくるだろう。

ただし、これらも養殖技術の進歩により、一概に見分けられなくなってきたとの話もある。

次のページで湖産の減少状況を紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。