イシナギ釣りで好釣 期間限定の大物釣りに注目【茨城・モンロー号】

イシナギ釣りで好釣 期間限定の大物釣りに注目【茨城・モンロー号】

5月16日と23日、茨城・日立港久慈漁港のモンロー号からイシナギ狙いで釣行。それぞれ3kgと5kgの本命を仕留めたので、その模様をお届けしたい。

茨城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・鈴木俊洋)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

モンロー号でイシナギ狙い

5月16日(日)、茨城・日立港久慈漁港のモンロー号からイシナギ狙いで釣行。同魚は水深400m近い深場の岩礁帯に生息しているが、5月ごろから水深100m以下まで上がってくるため、期間限定ではあるが気軽に大物釣りが楽しめる。

さすがに100kg級はなかなか上がらないが、昨年は18kg級を上げることができた。

イシナギ釣りで好釣 期間限定の大物釣りに注目【茨城・モンロー号】強烈な引きの末、タモ入れ(提供:週刊つりニュース関東版APC・鈴木俊洋)

イワシエサのチョン掛け

この日は次第に風が強くなる予報。9時ごろまで竿が出せるかどうかの状況。全員が了承のうえ、9人を乗せて港を離れる。

ポイントの水深は85m。持参したイワシエサをチョン掛けにして投入。常連のなかには、サバエサの人もいた。試釣では船中1~4尾と、全員が型を見て最高のスタートをきった。 

イシナギ釣りで好釣 期間限定の大物釣りに注目【茨城・モンロー号】久慈漁港略図(作図:週刊つりニュース関東版APC・鈴木俊洋)

しかし、最初の流しは残念ながら不発。ふた流し目、右隣の竿が一気に海面に突き刺さった。2.5kgと小型ながら、そのパワーは強烈。この釣りの魅力といっていいだろう。

続けとばかり、竿先を見ていると小刻みに震えた。イシナギがじゃれ付いているのだ。やがて、”クンっ”と一瞬、竿先が引き込まれるが、すぐに元に戻ってしまう。

仕掛けを回収すると、器用にハリが付いたエサの頭だけ残している。この釣りに限ったことではないが、魚たちのエサ取りのうまさには毎回感心させられる。

一気に引き込むアタリで3kg

投入し直すと、エサを確かめるような前アタリはなく、一気に竿先が海面に向けて大きく曲がった。竿を手にとると、立てるようにアワセをいれる。

「よし乗った!」感触を確かめながら、海底から引き離す。だが、ここで無理をしてバラしては元も子もない。海底から引き離せば7割はこっちのものだ。

何とか頭をこちらに向かせることに成功。巻き上げを開始すると、電動リールが唸りを上げ、二度三度と繰り返す強い引き込みをかわしていく。

しばらく巻き上げると手応えが軽くなる。しかし、ここで気を抜いてはいけない。テンションが緩むとハリが外れることがあるのだ。

やがて、水面下に姿を現してタモに収まったのは、3kgのレギュラーサイズ。しかし、予報通り8時をすぎたころから風が強くなって9時に納竿。

イシナギ釣りで好釣 期間限定の大物釣りに注目【茨城・モンロー号】16日の3.5kg級(提供:週刊つりニュース関東版APC・鈴木俊洋)

次のページでは23日の釣行の模様をお届け

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。