今週のヘラブナ推薦釣り場【福島県・桧原湖】

今週のヘラブナ推薦釣り場【福島県・桧原湖】

福島県耶摩郡北塩原村にある裏磐梯・桧原湖の大型狙いが開幕した。東日本大震災以降、舟釣り入釣券の販売が停止されていたが、当年から再開しているので紹介する。

福島県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊へらニュース 伊藤さとし)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

桧原湖の概況

南東北を代表する大型クリアレイク、それが会津磐梯山の北側にある桧原湖だ。2011年の東日本大震災以降、ヘラブナを含む雑魚券(入釣券)の販売が停止されていたが、当年から公式に販売が再開されるようになった。待ちに待った舟釣りの解禁だ。

今週のヘラブナ推薦釣り場【福島県・桧原湖】大島手前の東岸(提供:週刊へらニュース 伊藤さとし)

陸釣りだと乗っ込み絡みになりやすく釣期が短めだが、舟釣りなら5月下旬~10月初旬まで長く釣りが楽しめる。なかでも6月初旬~7月中旬のイカリ潟(吊り橋よりも奥)狙いは数・型ともに狙える同湖のベストポイントとなる。

広大な湖であるが引き舟も利用できるので、釣り台さえ持参すればあとは通常の舟釣りと何ら変わりなく楽しめる。この時期の湖畔は新緑がとても美しいので、磐梯山の景観と併せて、ぜひとも訪れてほしいベストシーズンだ。

ポイント

トップシーズンはまさにこれから。腹パンの45~50cm超が群泳するイカリ潟の舟釣りをメインに、北岸一帯を主体とする陸っぱりも併せてガイドしよう。

今週のヘラブナ推薦釣り場【福島県・桧原湖】イカリ潟の吊り橋(提供:週刊へらニュース 伊藤さとし)

舟釣り(イカリ潟)

無数の島々やワンドで形成されるヘラのベストポイント。本湖が風波で大荒れになろうとも、同エリアならほとんど影響はない。しかも本湖よりも水温が高いので、何か特別なことが起こらないかぎり、このエリアから魚は出ていかない。つまり釣れる釣れないは別にして、いつでも魚はいるということになる。

今週のヘラブナ推薦釣り場【福島県・桧原湖】イカリ潟吊り橋奥概況図(作図:週刊へらニュース 伊藤さとし)

なかでも吊り橋の奥エリアは、養殖池かと思えるほどの魚影を誇り、50上の実績も多数。また50枚を超える大型主体の数釣り実績もあり、それらが記録されたのがまさにこれから7月上旬までの時期だ。

例年だと6月20日を過ぎると徐々に水位を下げ始め、以降は吊り橋奥エリアから少しずつ魚が出ていき、ポイント範囲が広大になる(絞り切れない)傾向がある。

よってこの時期のイカリ潟を狙うなら、吊り橋よりも奥の一択でOK。あとは、より魚が回遊しやすいと思われるポイントを自分の目で探して、その付近に着舟すればいい。

陸釣り

北岸の早稲沢浜、金山浜、セミナーハウス前などがおもなポイント。この3カ所に共通するのは、流れ込み&遠浅地形だということ。

今週のヘラブナ推薦釣り場【福島県・桧原湖】陸釣りポイント図(作図:週刊へらニュース 伊藤さとし)

出来れば立ち込み台とウェーダーがあれば、ポイントの選択幅が広がる。また大雨の最中や雨後の濁りが入った時などは、さらにチャンスが増大する。

なお早朝ほどクマと遭遇しやすいので単独入釣は避け、クマ除けの鈴やホイッスル(笛)などを装備しよう。

次のページで釣り方をエサを解説!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。