壱岐勝本沖でタイラバ満喫 本命30cm級に好ゲストはアオナ【幸風】

壱岐勝本沖でタイラバ満喫 本命30cm級に好ゲストはアオナ【幸風】

福岡市中央区港から出船する幸風を利用し、壱岐勝本沖へタイラバ釣行した。シケの風が残り、寒く釣りづらい厳しい状況となったタイラバ釣行をレポートする。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・鈴木泰也)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

幸風でタイラバ

休みのたびにシケ続きでようやく行けた4月中旬、福岡市中央区港から出船する幸風から午前5時に出船し、1時間30分ほどでポイントの壱岐勝本沖に到着。

水深は100m、パラシュートアンカーを下ろし両舷10人でタイラバやエビラバでスタート。私は無垢のオモリを塗装し、ネクタイも自作の仕掛けでエビは付けずにタイラバで臨む。

壱岐勝本沖でタイラバ満喫 本命30cm級に好ゲストはアオナ【幸風】タイラバタックル(作図:週刊つりニュース西部版APC・鈴木泰也)

良型アオナをキャッチ

しかし、後輩は久々のオフショアだからか、興奮して寝不足とあって船酔いしてしまった。何とか仕掛けを投入するも釣りにならず…。雨も降っているので船室で少し休むことに。

私はその間、巻き巻きしてアタリに集中しているとサオ先が叩かれたが、我慢してアワせず巻き巻き。するとグーッと入ったのでフッキング。あとは引きを楽しみながら残り90mほど巻き上げていくと、魚の正体はアオハタ(アオナ)だった。

なかなかの良型で刺し身がうまそうだが、あくまでマダイ狙い。うれしい外道だが次を狙う。

壱岐勝本沖でタイラバ満喫 本命30cm級に好ゲストはアオナ【幸風】良型アオナをキャッチ(提供:週刊つりニュース西部版APC・鈴木泰也)

同船者に30cmクラスのマダイ

後輩も何とか釣りを再開するとすぐにアタったものの、水面でマダイに逃げられてしまった。2人ともレンコを釣りつつ、酔いながらも後輩にようやく三段引き。30cmクラスだがなんとかマダイをゲット。

壱岐勝本沖でタイラバ満喫 本命30cm級に好ゲストはアオナ【幸風】同船者にきたきれいなマダイ(提供:週刊つりニュース西部版APC・鈴木泰也)

先を越された私もなんとか釣ろうと巻いていると、ようやくマダイらしき引き。しかし、同様のサイズで先輩面できない。周りも渋いながらぽつぽつとマダイのヒットがあり、「時合いだから頑張れ」と後輩を鼓舞する。

正午には風がキツくなり寒さも増して釣りづらく、乗っ込みのマダイどころか外道のレンコも少ない日だった。盛り上がることなく、午後2時30分に納竿となった。

また後輩と「今度こそは」と約束した。

<週刊つりニュース西部版APC・鈴木泰也/TSURINEWS編>

▼この釣り船について:幸風
壱岐勝本沖でタイラバ満喫 本命30cm級に好ゲストはアオナ【幸風】
この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年5月14日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。