キャスティングゲームでヒラマサ2尾 ポッパーで6kg超【福岡・クルーズ】

キャスティングゲームでヒラマサ2尾 ポッパーで6kg超【福岡・クルーズ】

福岡市東浜船溜の遊漁船クルーズで、玄界灘のヒラマサキャスティングに釣行した。ダイビングペンシルで4kgにポッパーで6kg超もヒットした釣行をリポートする。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・大須賀陽士)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

キャスティングヒラマサ

事前に船長から春の小型ベイトパターンと聞いていたため、ダイビングペンシル13~16cmまでの小型を準備して臨むことにした。

キャスティングゲームでヒラマサ2尾 ポッパーで6kg超【福岡・クルーズ】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・大須賀陽士)

ポイントに到着後、13cmのプラグをメインにみんなでキャストし、ヒラマサを誘っていく。1流し目は釣れなかったが、同船者にはバイトがあった模様。アクションもそこまで速そうではなかったため、丁寧に操作することを意識してみたところ、2流し目で4kgくらいのヒラマサをキャッチ。

10kg&15kg級続々浮上

その後、しばらく沈黙が続き船長が少しポイントを変更したタイミングで同船者にヒット!上がってきたのは10kg超えのヒラマサだった。

次の流しでも再び同じ人にヒット!先程の大きさを上回る15kgくらいのヒラマサが釣れた。この2尾に関しては速めの動きに反応していたので、速めのアクションで誘ってみたところ、私にも大型のバイトが!残念ながらヒットには至らなかったが、魚が飛び出す瞬間は見ることができた。

ポッパーに6kg超ヒット

その後、潮は動いていて魚は出そうな雰囲気があるものの、釣れない時間が続いたので船長に確認して、試しに13cmのポッパーを使ってみた。すると、船ベリ付近で突如ヒラマサのバイト!魚との距離が近かったためビックリしたが、アワセも成功しファイト開始。

魚が元気なのでハリ外れしないか心配しながら慎重にやり取りしたところ、上がってきたのは6kg超えのヒラマサだった。遊漁船でポッパーを使用した釣果は初めてだったため、エキサイティングで楽しめた。

その後は釣れない時間が続き、近場のポイントでダイビングペンシルを使ってみたが、バイトだけに終わってしまった。

この日は風も強かったので早めの帰港。船全体の釣果としては少なかったものの、大型のチャンスはかなりあっただけに悔いの残る釣行となった。また予約を入れているので、再度リベンジをしたいと思う。

<週刊つりニュース西部版APC・大須賀陽士/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
遊漁船・クルーズ
出船場所:博多港・東浜船溜
この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年5月14日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。