ブッ込みアナゴ釣りで6尾 日が暮れると時合い到来で3連打【熊本】

ブッ込みアナゴ釣りで6尾 日が暮れると時合い到来で3連打【熊本】

アナゴが釣期を迎えた。まだ数は少ないが、短時間でまずまずの釣果が望める。4月18日の釣行をリポートする。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・松田正記)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

アナゴ狙いブッ込み釣り

赤瀬漁港のアナゴは例年4月末ごろから見え始め、6月にピークを迎える。キビナゴをエサにしたブッ込み釣りで、30~40cmの数が望める。夜釣りのターゲットではあるが、降雨後の濁りがあるときは日中でも釣れる。

午後6時すぎ、山本釣具センター宇土店で仕掛けなどを購入。アナゴの釣況をたずねると「宇土や三角で、ぽつぽつと見え始めた」。期待を胸に釣り場を目指した。

日暮れ前にアラカブ登場

現地は北寄りの風が吹き、波止の外向きは釣りにならない。港内に釣座を構え、準備へ。エサのキビナゴを半分に切り、吸い込みのいいウナギバリにぬい刺しにし、ちょい投げ。まずは近距離を攻めてみた。

ブッ込みアナゴ釣りで6尾 日が暮れると時合い到来で3連打【熊本】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・松田正記)

間もなくアタリがあり、上がったのは25cmほどのグチ。アタリは続き、次に姿を見せたのはアラカブだ。そのままアラカブの数を重ね、ウォーミングアップを終了。日没を迎えた。

本命アナゴ連続ヒット

日が沈むとアラカブなどのアタリはなくなり、本命の狙い時。そのわずか数分後、置きザオが「ガサガサッ」と音を立てた。サオをそっと持ち上げると重量感がある。ゆっくりリールを巻き、30cmほどのアナゴを抜き上げた。アタリは続き、同型を3連打。爆釣を予想したもののアタリは次第に遠くなり、6尾のアナゴをクーラーに収めたところで9時に納竿した。

アナゴはこれからが本番。ピーク時には50cm前後の大物も釣れるので楽しみだ。

<週刊つりニュース西部版APC・松田正記/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
赤瀬漁港
問い合わせ:山本釣具センター宇土店
この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年5月14日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。