人気上昇中「オフショアサクラマスジギング」のキホン:エリア&シーズン

人気上昇中「オフショアサクラマスジギング」のキホン:エリア&シーズン

北海道、東北地方限定と言っていいオフショアサクラマスジギング。今回は季節の進行に合わせた東北のオフショアサクラマスジギングのエリア&シーズンを解説します。

東北のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター堀籠賢志)

堀籠賢志

フライフィッシング、バス、シーバス、鮎釣りなど様々な釣りを経験。現在はジギングとイカ釣りを広く楽しんでいます。東北地方の面白い釣りを紹介する事で震災復興に繋げたいという熱い気持ちで活動中。

×閉じる

ソルトルアー オフショア

サクラマスジギングシーズン

東北地方のオフショアサクラマスジギングは2月の声を聞くころからスタートします。2月といえば如月、文字通り更に重ね着しないと寒さに耐えられない、その年の最低気温が記録される時期です。

この時期のオフショアサクラマスジギングは冬の津軽海峡、下北半島周辺からスタートします。釣りをする条件としては、寒さが厳しい時期で季節は完全に冬ですが、2月の節分の翌日が二十四節気の立春となりますので、暦上では春はもうすぐそこまで来ていることになります。

たしかに海の中では、下北の春を告げる魚、サクラマスが大挙して接岸する季節の始まりでもあります。船の飛沫を浴びるとガイドまで凍る厳寒期ですが、サクラマスを追い求めるアングラーの情熱は熱くなる一方のシーズンスタートとなります。

人気上昇中「オフショアサクラマスジギング」のキホン:エリア&シーズンサクラマスは東北の海に春を告げる魚(提供:TSURINEWSライター堀籠賢志)

サクラマス解禁

2月からスタートしたオフショアサクラマスジギング。3月からはいよいよ、岩手県でのサクラマス釣りの解禁を迎えます。その年にもよりますが、ここ数年は3月1日の解禁日からオフショアサクラマスジギングでの釣果が見られて、大いに盛り上がっています。

岩手県沿岸部のオフショアサクラマスジギングのエリアは大きく分けて沿岸北部の宮古湾周辺、沿岸南部の大船渡市越喜来湾周辺の2カ所がメジャーポイントとなっています。

人気上昇中「オフショアサクラマスジギング」のキホン:エリア&シーズン2月からが釣期(提供:TSURINEWSライター堀籠賢志)

桜の開花と逆行

「2月の青森県下北半島周辺でのオフショアサクラマスジギングのシーズン開幕」「3月からの岩手県沿岸部でのオフショアサクラマスジギングの解禁」と続き、私の地元、宮城県でもオフショアサクラマスジギングの好機を迎えます。

宮城県には、シーランサクラマスのメッカとも言うべき大河、北上川が海に注ぎ込んでいます。勿論、その沿岸部をサクラマスは移動するため、北上川の河口沿岸部、その周りの牡鹿半島周辺部はオフショアサクラマスジギングの有望なエリアとなっています。

まだまだ開拓は進んでいませんが、今後有望なエリアとなっています。桜の開花が北上していくのと逆行する様に、オフショアサクラマスジギングのエリアは北から南へと南下していきます。

ベストシーズンの違い

東北のオフショアサクラマスジギングの2大エリア、青森県下北半島周辺と岩手県沿岸部のそれぞれの特徴を解説します。

下北半島周辺エリアの特徴

釣りモノが少なくなる2月ごろからスタート。サクラマスの魚影は濃くて、比較的数が釣れる。シーズン終盤は4月一杯まで。シーズン初期は数釣り、中盤~終盤は型も狙えます。エリア内のポイントはバリエーションに富んでいる。ベストシーズンは3月~。

岩手県沿岸部エリアの特徴

解禁は3月1日から。数は釣れないが、比較的型が揃う。北西風に強く出船率が高い。ベストシーズンは4月~。

人気上昇中「オフショアサクラマスジギング」のキホン:エリア&シーズン使用ジグと釣果(提供:TSURINEWSライター堀籠賢志)

次のページで夏シーズンについて紹介!

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。