遠征釣行の基礎知識:パッキングの仕方教えます ヒラマサゲーム編

遠征釣行の基礎知識:パッキングの仕方教えます ヒラマサゲーム編

遠征釣行では、パッキングの仕方によって持っていける道具の量もかわってきます。今回は、ヒラマサ狙いのキャスティング&ジギングゲームを例にして、パッキング術を紹介します。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター宮崎ゆきお)

宮崎ゆきお

さかな検定2級。主に遊漁船での沖釣りでルアーも餌もこだわりなく楽しんでいます。たまに仲間と遠征釣行にも出掛けてます。

×閉じる

その他 お役立ち

遠征ヒラマサゲームの釣り道具

今回は遠征ヒラマサゲームを例にして、持参釣り道具一式を紹介します。飛行機の預託荷物として追加料金が発生しない20kg以下になるよう絞り込んだ荷物にしています。

【釣行の概要】

釣行日程:2日間
遠征釣行のターゲット魚種:ヒラマサ
釣り方:遊漁船でのルアーキャスティング&ジギング
※潮止まりなどにはタイラバやスロージギングで他魚種も狙う予定

ロッドのパッキング

まずはロッドのパッキングにについて紹介します。

ロッドはハードケースで

以前の記事にも記載しましたが、ロッドケースはハード系が安心です。そしてケースの中で釣り竿がガチャガチャ動かないように、クッション材で隙間を埋めます。釣竿は6本。全部2ピースか3ピースで、飛行機の預託荷物の最も厳しい長さ制限である160cmのケースに納まる仕舞寸法のものを選んでいます。

穂先を保護

ロッドの穂先を保護するために、念のためクッション材を被せます(建築資材の養生カバーをホームセンターで購入し、ハサミなどでカットし使用)。

遠征釣行の基礎知識:パッキングの仕方教えます ヒラマサゲーム編穂先を養生カバーで保護(提供:TSURINEWSライター宮崎ゆきお)

すべての竿をまとめる

すべての釣竿6本を長めのロッドベルトで2箇所束ねてまとめます。

遠征釣行の基礎知識:パッキングの仕方教えます ヒラマサゲーム編すべての竿を束ねてまとめる(提供:TSURINEWSライター宮崎ゆきお)

ケース内にもクッション材を

プラダンで自作したロッドケースに束ねた釣竿6本をまとめて収納します。上下左右にクッション材を詰めてケースの中で釣竿が動きにくい状態にしています。

遠征釣行の基礎知識:パッキングの仕方教えます ヒラマサゲーム編クッション材をケースに詰めて固定(提供:TSURINEWSライター宮崎ゆきお)

過去に筆者のロッドケースのDIY記事ありますので興味のあるかたは是非ごらんください。

遠征釣行用「ロッドケース」を簡単自作 『プラダン』素材でコスパ良好

ケースにもベルトを

ロッドケースのフタを閉じ(マジックテープで脱着)、なんかで余っていたベルトを念のための縛り紐兼持ち手としてケースに巻いておきます。

これで釣竿のパッキングは完了です。重量を計測したところ2.4Kgでした。

遠征釣行の基礎知識:パッキングの仕方教えます ヒラマサゲーム編パッキング完了(提供:TSURINEWSライター宮崎ゆきお)

次のページでプラグ系ルアーのパッキング術を紹介!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。