遠征釣行用「ロッドケース」を簡単自作 『プラダン』素材でコスパ良好

遠征釣行用「ロッドケース」を簡単自作 『プラダン』素材でコスパ良好

遠征用のロッドケースをプラスチックダンボールで自作してみました。今回はその製作手順と注意点を紹介します。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・宮崎ゆきお)

宮崎ゆきお

さかな検定2級。主に遊漁船での沖釣りでルアーも餌もこだわりなく楽しんでいます。たまに仲間と遠征釣行にも出掛けてます。

×閉じる

その他 お役立ち

遠征用ロッドケースを自作

今回製作するロッドケースのサイズは、国内の離島などに行く小型の航空機にも預け入れ可能な荷物の規定サイズをクリアし、なおかつヤマト運輸のヤマト便でも取り扱ってもらえる規定サイズの双方を満たすことを前提として、3辺合計200cm以下かつ1辺160cm以下のサイズにしました。

材料代はホームセンターなどで揃えることができ、価格も2000円前後とリーズナルブルです。作業に慣れれば60分くらいで製作することも可能です。

用意するもの

まず、自作ロッドケースの材料や工具などを紹介します。

材料

1.プラスチックダンボール(以下プラダン)1枚(182cm×91cm×厚さ4mm)

Point:ホームセンターなどでお好きな色のプラダンをお求めください

遠征釣行用「ロッドケース」を簡単自作 『プラダン』素材でコスパ良好好きな色のプラダンを用意(提供:WEBライター・宮崎ゆきお)

2.プラスチックネジ 厚さ8mm用8セット※プラスチックネジは工具を使わず手の力だけでしっかり固定できます。

point:プラダンの厚さが4mmですので、2枚貫通できるサイズの8mm用にします。

遠征釣行用「ロッドケース」を簡単自作 『プラダン』素材でコスパ良好プラダンの厚さに合わせたプラネジ(提供:WEBライター・宮崎ゆきお)

3.両面テープ少々

Point:両面テープは仮止め用に使用します。プラスチック用が有用ですが、なくてもなんとかなります。

遠征釣行用「ロッドケース」を簡単自作 『プラダン』素材でコスパ良好両面テープ(提供:WEBライター・宮崎ゆきお)

4.マジックテープ(接着タイプ)適量

Point:フタの開閉部に使用します。貼り付けできるタイプのもので100円ショップでも購入できます。

遠征釣行用「ロッドケース」を簡単自作 『プラダン』素材でコスパ良好接着タイプのマジックテープ(提供:WEBライター・宮崎ゆきお)

工具

1.工作用カッター
2.コンベックス(金属製の巻尺)
3.180cm以上の直線部のある棒状のもの

Point:直線を引いたり、カットするときのガイドにするためのものです。今回はホームセンターでアルミの棒を数百円で入手しました。

次のページで「製作の手順」を紹介!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。