オフショアキャスティングで「圧巻」11kgヒラマサ浮上【クルーズ】

オフショアキャスティングで「圧巻」11kgヒラマサ浮上【クルーズ】

寒波明けの1月中旬に、遊漁船・クルーズ(福岡市博多港・東浜船溜)にてヒラマサ・キャスティングに行ってきた。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・大須賀陽士)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

クルーズでキャスティングヒラマサ

1月中旬、遊漁船・クルーズ(福岡市博多港・東浜船溜)からキャスティングでのヒラマサゲームへ。釣行当日の天気は曇りで、前日まで気温などがかなり低かったので、魚の活性が心配だったが、釣り場に着いたら潮も動いており、魚が出そうな雰囲気があって、寒さも吹っ飛んだ。

シケの前までは、近海ではイワシがベイトとのことだったので、18cm、60g程度のダイビングペンシルを選択した。

オフショアキャスティングで「圧巻」11kgヒラマサ浮上【クルーズ】キャスティングタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・大須賀陽士)

午前9時に釣りをスタート。何度か船長が船を流してみると、同船者にヒット!上がってきたのは良型のヒラマサだった。その後、魚からのコンタクトがなかったため、沖のポイントまで移動することにした。

4.5kg級ヒラマサ登場

沖ではサンマもベイトで入っているかもしれないということで、ひと回り大きなルアーに替えることにした。

また、水深も近海よりあったため、魚が気付くように、少しだけアピールするレンジが深いルアーを選択することにし、何度か船を流していくと、同船者にヒット!

また、時折ヒラマサのボイルも見かけられたので、浅いレンジを動くルアーに替えてみたが、私のルアーには魚からのチェイスなどがなかった。

そこで今度は、ルアーのカラーを白系の膨張色からシルバー系に変更し、ルアーサイズを1cmほど下げてみたところ、私にもヒット!上がってきたのは4.5kgぐらいのヒラマサだった。

オフショアキャスティングで「圧巻」11kgヒラマサ浮上【クルーズ】筆者にシルバー系のルアーで4.5kg級(提供:週刊つりニュース西部版 APC・大須賀陽士)

圧巻の11kgヒラマサ浮上

その後、チャンスタイムに突入したが、一瞬で終わってしまい、私は良型のバイト1回のみで終わった。

すると、逆舷でジギングをしていた人がコンスタントにヒラマサを釣られていたので、気分転換に私もジギングをしてみることにした。しかし、ジギングでは私には魚が振り向いてくれず、あきらめかけていたところ、キャスティングを根気強くしていた友人にヒット!

サオの曲がり的に大きいと確信し、慎重にやり取りしていたところ、上がってきたのは11kgオーバーのヒラマサだった。

オフショアキャスティングで「圧巻」11kgヒラマサ浮上【クルーズ】圧巻の11kgオーバーヒラマサ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・大須賀陽士)

大型の時合いは一瞬

その後、再びみんなでキャスティングをやったが、バイトのみで誰もヒットには至らず、午後5時まで粘ったが、釣れずに納竿となった。

釣りをしていて毎回思うことなのだが、魚の時合いというのは、大型であればあるほど一瞬のような気がしており、あきらめず釣りを続けることが大事なんだなと思った。

2月は海の状況も少しずつ春のパターンになっていくので、玄界灘東部で活躍するスモールプラグの手入れなども万全にしておきたいと思う。

<週刊つりニュース西部版 APC・大須賀陽士/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
遊漁船・クルーズ
出船場所:博多港・東浜船溜
この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年2月5日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。