遠征釣行慣れした釣り師が解説 【車中泊で快適な睡眠をとる裏技4選】

遠征釣行慣れした釣り師が解説 【車中泊で快適な睡眠をとる裏技4選】

全日本サーフに所属し、南は鹿児島から北は岩手まで、年間4~5回車中泊をしながら遠征している著者が、「快適な車中泊の裏技」を紹介する。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター長谷川靖之)

長谷川靖之

大海原に向かってのフルキャスト!どんな魚が釣れるか分からないワクワク感が投げ釣りの最大の魅力です。そんな投げ釣りの魅力を皆様にお伝えできればと思います。よろしくお願いいたします。

×閉じる

その他 お役立ち

年4~5回車中泊で遠征

私は元来、乗り物に酔いやすい体質で、小学生の頃からバスの遠足が苦手だった。大人になると車やバスでは酔わなくなったが、船は未だに苦手。何度か船釣りに誘われて同行したものの、毎回納竿時間までキャビンで寝て過ごすというつらい経験から、投げ釣りに辿り着いた。

投げ釣りの全国組織である『全日本サーフ』に入会してからは全国に大物を求めて遠征する機会が増え、南は鹿児島から北は岩手まで、年間4~5回は車で出かけることが当たり前になっている。

遠征には交通費(高速代、ガソリン代)がかさむことから、現地では宿はとらずに車中泊をすることが多い。遠征は普段の釣り以上に期待度が高く、釣りをしている時に集中力を高めるためにも、車中ではできるだけ快適に睡眠をとることが大切だと考えている。

安眠のための試行錯誤

私が遠征時に使用する車は「スズキエブリイワゴン」のハイルーフタイプである。この後部座席を折り畳んでから後部スペースで寝るのだが、床は折り畳んだ座席の凹凸があって、直接寝袋を敷いただけでは背中がゴツゴツするので、熟眠と程遠い状況と言える。

エアマット

そこで最初に試したのが、エアマット式のベッドを敷くことである。これはなかなかの優れもので、寝る時は膨らませて、起床後空気を抜いて折り畳むとスペースを取らない。しかしエアマットの欠点は、後部の床全面をマットが覆うため、釣り道具を外に置く必要があることである。防犯上の観点から、なかなか気になって眠れないことが難点だった。

二段ベッド

最後に辿り着いたのが二段ベッド仕様である。(エブリイワゴン×ベッド)でキーワード検索してみると、エブリイワゴンにぴったりフィットする2段ベッドが売られている。

もちろん、エブリイワゴンだけではなく、ミニバンタイプの車種ごとのベッドが売られている。費用は5~6万円を要するのと、自分で組み立てる手間はあるものの、非常に快適な遠征ライフを過ごせている。

遠征釣行慣れした釣り師が解説 【車中泊で快適な睡眠をとる裏技4選】二段ベッド(提供:TSURINEWSライター長谷川靖之)

二段ベッドの利点と難点

私は下の段に釣り具(竿ケース、リュック、バッカン、クーラー)を収納し、上の段にインターネットで購入したロール式のマットを敷き、その上にホームセンターで購入した安価な敷布団+掛布団+枕の3点セットを積んでいる。このおかげで釣り具を車内に収容したままで、フカフカの布団の上で足を延ばして寝ることが可能となった。

遠征釣行慣れした釣り師が解説 【車中泊で快適な睡眠をとる裏技4選】ふかふかの布団で熟睡(提供:TSURINEWSライター長谷川靖之)

冒頭、ハイルーフ仕様と書いたが、ハイルーフだとベッドの上に胡坐をかいても頭が天井に当たらないので、快適に食事をとることもできる(ただし身長が高く、座高の高い人はその限りでは無いのであしからず)。

ただし、このベッドを組み付けると、後部座席を使いたい時は、一度組み付けたベッドを解体しなければならない。とはいえ、慣れてくると15分程度で解体&組み付けが可能である。

次のページで夏の暑さを乗り切る工夫を紹介

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。