カヤックフィッシングでヒラスズキ4尾 凪の日でも満喫【長崎】

カヤックフィッシングでヒラスズキ4尾 凪の日でも満喫【長崎】

カヤックフィッシングにてヒラスズキを狙って長崎・上五島沿岸部海域へと出船した。磯周りや堤防のキワのポイントをチェックして4尾の本命を仕留めたのでリポートする。

長崎県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 山下勇磨)

TSURINEWS編集部

船釣り シーカヤック

上五島でカヤックフィッシング

ポイントの景色を楽しみつつパドリング。波も穏やかでカヤックフィッシング日よりといったところ。荒れたヒラスズキフィッシングではなく、ナギの日にも狙って釣ることができるフィールドが多いのが島の魅力だろう。

カヤックフィッシングでヒラスズキ4尾 凪の日でも満喫【長崎】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 山下勇磨)

最近の状況で、ヒラスズキをキャッチできていることから、10cm前後のルアーをセットしキャスト開始。タックルは取り回し重視のライトな7ft(約2.1m)台のロッドで、磯周りや堤防のキワのポイントをチェックしていく。

60cm級ヒラスズキキャッチ

するとベイトフィッシュの群れを発見。さまざまな角度からトレースコースを変えながらアプローチ。ルアーは12cmリップレスミノーでシャローレンジ、9cmのミノーでミドルレンジといったレンジコントロールで使い分けていく。

ファーストヒットは、リップレスミノー。磯ギワと平行にトレース、タダ巻きで軽くバイトがあり、そのままリーリングでアワセ込み。最初の引きは緩いものの、足元で強い引きでドラグを出していく。銀色の側面を水中に垣間見つつ、慎重にネットイン成功。サイズも60cm級のグッドコンディションの魚。狙い通りの反応が得られたことが何といっても一番の感動だ。

ベイトの群れ見極め4尾ゲット

その後、カヤックを進めつつ、帰り際にも釣果を重ねることに成功。合計4尾のヒラスズキをキャッチすることができた。

カヤックフィッシングでヒラスズキ4尾 凪の日でも満喫【長崎】良型中心に4尾ゲット(提供:週刊つりニュース西部版 山下勇磨)

ベイトフィッシュとなるイワシは数cm~10cm以上の個体まで幅広く、なおかつ違う群れで行動しているのが確認できた。一見、マイクロベイトパターンと錯覚しそうになるが、実際捕食しているイワシのサイズは大きかったようだ。この群れに付くヒラスズキ、または待ち伏せしているヒラスズキがルアーによく反応していたのだと思う。

このことから、良い条件の時間帯、フィーディングスポットにルアーを見せることができるか、できないかの差が釣果に影響したと思う。

ライトタックルで楽しめる

タックルセッティングもライトな方向へと移行できるのは、カヤックフィッシングの魅力。根もかわしやすく、ドラグセッティングの幅も広くとれる。さらにヒラスズキのダイナミックなジャンプや、泳ぎを間近に見ることができる。

カヤックが使用可能かの判断には注意しつつ、今後もカヤックフィッシングでのポイントチェックで、より良い釣りを提供できるように活動していきたいと思っている。

<週刊つりニュース西部版 山下勇磨/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
上五島
問い合わせ:A.P.P-AlternativePlamodelProduc-tion-
この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年4月23日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。