フカセクロダイ釣りの「コマセ」配合術:乗っ込み期~初夏にかけて

フカセクロダイ釣りの「コマセ」配合術:乗っ込み期~初夏にかけて

クロダイ狙いのフカセ釣りにおいて、コマセ(まきエサ)のレシピはとても重要です。今回は、乗っ込み~初夏にかけての配合術を解説します。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター杉本隼一)

Shunichi_Sugimoto

静岡在住の釣り好きです。季節ごとその時に釣れているターゲットを狙って一年中釣りを楽しんでいます。解説記事をメインに釣果レシピや釣行記も執筆中。

×閉じる

海釣り 堤防釣り

初夏の配合エサ

初夏の配合エサの選び方について紹介します。

集魚力が控えめのもの

初夏は水温が上昇してエサ取りが増え始める時期です。高集魚タイプの配合エサを使用してしまうとエサ取りの猛攻に苦しむこともあります。エサ取りを寄せすぎないようにするためにも集魚力が控えめのものを選ぶのがポイントです。

粒状の素材が多いもの

粒状の素材が多く配合されている配合エサの強みは、オキアミがエサ取りに食べられてしまってもコーンやムギなどがしっかりポイントに残ることです。

フカセクロダイ釣りの「コマセ」配合術:乗っ込み期~初夏にかけてチヌの好むエサが残る(提供:TSURINEWSライター杉本隼一)

エサ取りに強いコーンやサナギをさしエサに釣りを組み立てる場合にも効果があるので、参考にしてみてください。

<杉本隼一/TSURINEWSライター>

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。