今さら聞けないシーバスのキホン:釣行フィールドで決まるロッド選び

今さら聞けないシーバスのキホン:釣行フィールドで決まるロッド選び

みなさんシーバスロッドってどんな感じで選んでますか?今回はあなたの住む地域をもとに、理想のシーバスロッドを選ぶ方法を解説していきたいと思います。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

檜垣修平

こんにちは。檜垣修平と申します。海でのルアーフィッシングをメインにシーバス、メバルと遊んでおります!オールリリース派です。よろしくお願いします( ・∇・)

×閉じる

ソルトルアー ショア

地方では長竿に軍配

今さら聞けないシーバスのキホン:釣行フィールドで決まるロッド選び地方では長竿が有利(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

逆に地方では護岸整備されていないところも多く、川幅も広い場所が多いです。人工物も少ないので、魚がどこにいるのか分かりづらいでしょう。そのため、ルアーもアピール力の大きいものを使って、飛距離を出して魚を探す必要が出てきます。

足場が悪かったり、磯場で障害物を避ける必要があったりする場合も多いでしょう。堤防やテトラ帯での釣りの場合も基本長竿の方が飛距離やファイト時に有利な場面が多いです。青物の回遊がある場合は硬めの長竿で兼用することもできます。

よく行くフィールドで判断

上記はあくまでも住む場所によっての選ぶ時の基準です。都会住みでも地方遠征によく行く人、地方でも水路や橋脚周りをランガンするのが多い人なら選択肢も少し異なってくるはずです。よく行くポイントや近くの実績ポイントを想定し、よりよい一本を探してみてくださいね。

<檜垣修平/TSURINEWSライター>

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。