「貸しボート」で狙うアカハタ釣りのススメ 事前の海図チェックが重要

「貸しボート」で狙うアカハタ釣りのススメ 事前の海図チェックが重要

近年アカハタが生息域を広げ、関東でも釣れるようになり、首都圏からアクセスしやすい磯やボート釣りで狙えるようになった。今回は貸しボートでのアカハタ攻略法を解説。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター山下洋太)

山下洋太

フィールドは三浦半島及び伊豆半島の地磯。ターゲットはロックフィッシュ。年間釣行回数は300回以上。

×閉じる

船釣り ボート釣り

アカハタの釣り方

エサ釣りとルアーの釣り方について解説しよう。

エサ釣り

船ブラの仕掛けはテキサスリグなどとは違い、針先が出ているため根掛かりしやすい。アカハタは底から50~100cmくらい離れたところでも食ってくるため、根の少し上をゆっくり引いてくるイメージで釣りをすると良い。

具体的には底付近でリフト&フォールが有効な釣り方だ。リフトする時も、フォールする時もいつでもアカハタがヒットする可能性があるため、いつでもフッキングできるように集中して釣りをしよう。

ルアー

テキサスリグで狙う場合は、海底の起伏に合わせてリグを引いてくる。リグが根に触ったと思ったら、その場所を丁寧に探ると釣果が出ることが多い。エサ釣り同様リフト&フォールが有効だ。またベイトフィッシュが豊富なポイントでは、スイミングパターンも有効になることもあるため、色々と試してみることをオススメする。

ヒット〜ランディング

アカハタがヒットしたら、速やかに根から引き剥がす。モタモタしてると根に入られてバラしてしまうこともある。根に入られた場合は、イトを張らず緩めずの状態で待っていると根から出てくることがあるため、諦めずに根気よく待とう。

ハタ類は歯が鋭いので、釣れても口に指を入れて持つ、いわゆるバス持ちは絶対にやめた方が良い。フィッシュグリップを使用したい。

最後に、ハタ類は成長が遅く、根に定着する魚だ。そのため同じ場所から何匹も持って帰ってしまうと、その場所には居なくなってしまう。持ち帰りは必要最低限にし、30cm以下は積極的にリリースしよう。

<山下洋太/TSURINEWSライター>

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。