常磐『小突きカレイ』釣りで本命21匹 好ゲストにマダコ【つれたか丸】

常磐『小突きカレイ』釣りで本命21匹 好ゲストにマダコ【つれたか丸】

那珂湊沖にてカレイ釣りがスタート。早速つれたか丸へ出かけてきました。本命のマコガレイは船中1匹でしたが、その分良型のムシガレイが好調だった釣行をレポートします。

茨城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

尾崎大祐

埼玉県在住。二児のパパで趣味はサラリーマン。釣りをはじめとした食材採取に全精力を注いでいます。

×閉じる

船釣り エサ釣り

73cmタチウオ登場

タチウオ釣りがスタートし、仕掛け分(2m)巻いてシャクり始めるも、反応は底付近にあるようですが一向にアタらず。何時だったかのテレビ番組で得た知識を思い出し、誘うスピードを変えながらシャクり続けます。たまにフォールで触ったような感覚はあるものの、この日の当たりのスピード、テンポを見つけるには至りません。

やがて船長もぼやきはじめ、ネガティブな内容の無線も聞こえるようになってきました。そんな中、頑張ってシャクっていると待望のアタリ!1時間頑張ってようやく3本指73cmの本命が釣れました。

常磐『小突きカレイ』釣りで本命21匹 好ゲストにマダコ【つれたか丸】値千金のタチウオとなりました!(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

実はこの1匹、左横の友人に指導を受けながら釣った私の人生初タチウオ。そしてこの日の船中1匹というとても貴重なものでした。

前日は2時間でトップ11匹とのことでしたが……別名「幽霊魚」とはよく言ったものです。船長、1時間半程度で見切りをつけ「今日のタチウオは口使ってくれないのでカレイ、タコやっていいっぺよ」とアナウンス。ミヨシの1名はタコ(餌木)を、私を含む残りの3名はカレイの仕掛けを準備しました。

エビエサ使いカレイ狙い

まずは3本針の仕掛けを準備しエサを付けるのですが、つれたか丸ではイソメ以外にエビエサも支給。常磐でのカレイ釣りは過去に多く経験していたのですが、エビエサは初めての経験でした。

常磐『小突きカレイ』釣りで本命21匹 好ゲストにマダコ【つれたか丸】テンヤマダイで使うような中くらいのサイズ(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

エサの付け方は尻尾を切り落としてエビがまっすぐになるようにし、針先が出るようにする、といった感じ。感想としては、イソメよりエサ持ちは悪いもののアタリはイソメより出やすいと思いました。「エサ持ちが悪い」ということで、エビエサ使う場合は3本針が断然オススメ。船長の指示も「エビ、イソメ、エビの順につけてみな」とのこと。恐らくイソメは保険の意味もあってのことだと思います。

常磐『小突きカレイ』釣りで本命21匹 好ゲストにマダコ【つれたか丸】3本針にエビ・イソメ・エビが船長おすすめ(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

順調にカレイゲット

3本針ということで慎重に投入。どの釣りでも同じなのですが、ハリスが絡んでしまっては釣りになりません。吹き流しの仕掛けは特に絡みやすいので慎重に。そして着底後、この日は波高1m位であったのでその範囲で小突きつつ、かつ底をしっかり捉えることができるよう竿先の位置を調整。準備が整ったところで小突き(15~20回)開始です。

出だしの数投は小突きを2~3回繰り返し聞きアワセをしてもアタリが出なかったのですが、30分位するとポツポツアタリが出はじめ、順調に釣れはじめました。

常磐『小突きカレイ』釣りで本命21匹 好ゲストにマダコ【つれたか丸】ダブルもありました(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

エビはマダイ釣りのオキアミと同じくエビが真っすぐになるように付ければ良いのですが、イソメの付け方は5~6cmに切って2~3本チョン掛けがカレイ釣りの基本となります。その他、時に特エサとなるアオヤギやアサリ等の貝エサを持ち込む場合は縫い刺しが良いでしょう。

次のページはマダコゲットでお土産たくさん!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。