チニングゲームで「37匹」数釣り満喫 小型&細身シルエットに好反応

チニングゲームで「37匹」数釣り満喫 小型&細身シルエットに好反応

名古屋市港区潮見橋周辺でチニングゲームを楽しんだ。あいにくの雨の中での釣行となったが、キビレを主体に数釣りが楽しめたので、その模様をリポートする。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・白柳雅和)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

潮見橋周辺でチニング

3月20日の潮回りは小潮。満潮午後10時22分166cm。雨雲レーダーを見ても釣りをする時間帯はずっと雨予報。かなりのテンションダウンだ。

それでもいつものメンバーの岩田氏と河辺氏は行くとのことなので、防寒着に防水スプレーを振りかけ、午後8時ごろに自宅を出発。向かう先は名古屋市港区潮見橋周辺。すでに仲間は現地入りしているようだが、全く雨がやむ気配はない。

9時すぎに小康状態になりそうなので、しばらく車で待機だ。待機していると仲間からのキビレ釣果の情報が届くなか、小雨になったところでポイントへ向かう。ポイントへ向かう途中、いつもはちらほらと釣り人がいるが、今回は貸切状態だ。

開始直後にキビレゲット

仲間と合流すると、状況的にはショートバイトでかなり苦戦している様子。さらに雨風でかなりやりにくそうだ。

まずはダウンショットとSリグ5gのダブルリグからスタート。トレーラーには汁漬けのガルプベビースクイッドと、ガルプクラピー2inchをチョイス。沖へフルキャストし、デッドスローで誘っていくと、2投目に足元で深いバイトが発生。

タイミングを合わせてフルフッキングし、あっさりとキビレをゲット。いいタイミングでポイントに入ったようで、河辺氏も岩田氏もキビレを釣り上げている。しかしこの日はすぐにバイトが遠のくようで、パタパタと釣れてピタッとアタリが出なくなる。

チニングゲームで「37匹」数釣り満喫 小型&細身シルエットに好反応集中力を切らさず数を重ねていった(提供:週刊つりニュース中部版APC・白柳雅和)

時には7gに替えて沖を中心に攻めるが、めまぐるしく魚が移動するようで小移動を繰り返す。しかし釣れなくなってもポイントを少し休ませればまた釣れる。貸切状態ならではの、広範囲を釣り歩く展開となった。

バイトの傾向

今回もルアーのシルエットによってバイトの出方も変わり、チヌ魂やネガカリノタテのような市販されているルアーよりも、Sリグのような小さなシルエット、かつワームも細身のシルエットに反応がいいようだ。

チニングゲームで「37匹」数釣り満喫 小型&細身シルエットに好反応小シルエット&細身ワームに好反応(提供:週刊つりニュース中部版APC・白柳雅和)

バイトの出方も沖では深いバイトが出るが、手前付近は乗りそうで乗り切らないバイトが多発する。そんななか、集中力を切らさず数を重ねていく。釣りを開始してからずっと小雨が続き、すでに全員雨でずぶ濡れだが、ここまで来たらもう雨はどーでもよくなってきた(笑)。

次のページで最終釣果を発表!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。