【中部2021】磯から狙う「乗っ込み」クロダイ 速攻全遊動釣法とは?

【中部2021】磯から狙う「乗っ込み」クロダイ 速攻全遊動釣法とは?

クロダイの乗っ込み期に当たるこの時期は、食い活発で良型有望、入門にもいい時期だ。今回は磯のクロダイフカセ釣りで本命をゲットするためのあれこれと、速攻全遊動釣法を紹介したい。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 東弘幸)

TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

乗っ込み期は年無し狙い目

私は一年中磯に通っているが、この時期だけはクロダイに的を絞って釣行することが多い。大型グレが数釣れたりすることは実は少ないのだが、クロダイは容易に40cmオーバーが釣れる。さらに、乗っ込み(産卵)期に当たるこの時期は、重量級の50cmオーバーの年無しと呼ばれるサイズも狙いやすい。

【中部2021】磯から狙う「乗っ込み」クロダイ 速攻全遊動釣法とは?重量級の良型を手にできる大チャンス(提供:週刊つりニュース中部版 東弘幸)

海面にギラリと浮かぶ銀色の魚体を銀鱗と表現するが、本当にその姿はキレイでカッコいいのだ。

乗っ込みクロダイ狙いのタックル

クロダイを磯で狙う際の基本的なタックルについて紹介しよう。

【中部2021】磯から狙う「乗っ込み」クロダイ 速攻全遊動釣法とは?タックル図(作図:週刊つりニュース中部版 東弘幸)

ロッド

クロダイを狙うにあたってのロッドだが、胴調子の軟らかいロッドが好ましい。私が愛用しているのは、がま磯黒冴06-530というロッドだが、粘り胴調子でクロダイの引きを存分に受け止めてくれる。

【中部2021】磯から狙う「乗っ込み」クロダイ 速攻全遊動釣法とは?軟ザオでクロダイの引きを存分に受け止めよう(提供:週刊つりニュース中部版 東弘幸)

仕掛けのキャストという点においては、穂先が強化されたがま磯ブラックトリガーもオススメ。なぜ軟らかいロッドがいいかというと、まず1つ目がラインにかかる負担をロッドが受け止めてくれることで、ラインブレイクが少なくなる。

クロダイは目がいい。したがってハリスも細い方が、ヒット率が高いのだ。細いハリスにこん棒のようなロッドを組み合わせると、パチンと切れてしまうだろう。それを防止してくれる。2つ目は何といっても掛けてからのファイトが楽しいからだ。胴調子のロッドを思いっきり曲げて、クロダイの引きを受け止める瞬間がたまらないのだ。

リール

リールは2500番相当のレバーブレーキタイプをチョイスする。できればハイギアタイプのものがオススメだが、高価なリールでなくとも十分に戦える。

ミチイト

ミチイトはサスペンドタイプで、視認性のいいゼロフカセがオススメだ。ハリスより太めの1.7~2.5号をチョイスしておくと、根掛かり時にハリスが切れて、ミチイト側のウキが助かるという算段だ。

ウキ

クロダイ釣りのウキは棒ウキ、円すいウキともにクロダイ専用をうたっているモノがいい。私の場合、大征黒やプログレスチヌを愛用している。

【中部2021】磯から狙う「乗っ込み」クロダイ 速攻全遊動釣法とは?ウキはクロダイ専用・ハリは軽量なものを(提供:週刊つりニュース中部版 東弘幸)

ハリス

ハリスは1.2~1.7号を使う。細い方がクロダイの食いはいいのだが、ハードトップTiNICKSをチョイスすれば、チタンコートの恩恵でワンランク上の強度を得られる。

【中部2021】磯から狙う「乗っ込み」クロダイ 速攻全遊動釣法とは?ハリスはハードトップTiNICKS(提供:週刊つりニュース中部版 東弘幸)

ハリ

ハリはファインチヌ1~3号がオススメだ。軽量なので軽い仕掛けでフワフワと食わせるようなシチュエーションでもいい仕事をしてくれる。

次のページで磯釣りの流れを紹介!

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。