ちょっとマニアックな『ライトゲーム』の話:「重(おも)リグ」とは?

ちょっとマニアックな『ライトゲーム』の話:「重(おも)リグ」とは?

ライトゲーム界に徐々に「重(おも)リグ」という釣り方がきている。特にデイアジングやメバリングでの使用が多い。ジグヘッド2g、3gといった重リグの世界観を紹介しよう。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

アジング

アジングでは2g~3g以上が重リグと言えるだろう。

巻きパターン

先述のように大きな水受け・波動を起こし、巻きパターンのアジに効く。

リフト&フォール

ボトムでファストなフォールに反応するとき、重リグを巻いて止めて沈める、このどこかでバイトがくる。

ボトムステイ

ステイも重リグの有効な使い方だ。しかし、ポイントが遠い場合に限る。重リグでのボトムステイはロストの危険が高い。ハリが海底で倒れて引っかかるのだ。遠方のステイでもラインメンディングの意識を切らしてはいけない。近くのボトムステイパターンは0.8g前後でいこう。

ちょっとマニアックな『ライトゲーム』の話:「重(おも)リグ」とは?ステイはゆらゆら揺れるロングワームが好相性(提供:TSURINEWSライター井上海生)

高活性時

特に多いのが常夜灯下の表層~中層へのファストフォールで食うアジの高活性時だ。これにしか反応しない日もある。ただ2gまで上げるかは微妙なところで、1.5gくらいの方が魚の口には入りやすい。

メバリング

メバリングでは2g以上なら重リグと言えるだろう。

デイゲーム

先述のようにデイゲームのファストフォールパターンで重リグが効く。クリア系のワームか、あるいはアミ系(エビに似た色)のワームの反応がいいように筆者個人は感じる。

ファストリトリーブ

先述のようにデイゲームで横の追尾にメバルが反応するとき。また、なんらかの理由でナイトメバルのレンジがかなり下がっているときもそうだ。たとえば、光量の多い夜、満月周りのレンジ入りや、人的プレッシャーによるレンジ入り。中層からボトム付近まで下がったメバルが、それでも食い気のときには、重リグのファストリトリーブが効く。

重リグは思った以上に重い

重リグの活用法について解説してきた。最後にひとつ気をつけたいところ、それは「重リグは釣り人が考えているよりずっと重い」。

1.5gでもライトゲームでは重すぎるくらいなので、2g以上はすぐに沈む、また巻きでもステイでも根にガッツリ捕まりやすい。注意して扱おう。

<井上海生/TSURINEWSライター>

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。