シーズン真っ只中の『磯メバリング』でメバル40匹【神奈川・三浦半島】

シーズン真っ只中の『磯メバリング』でメバル40匹【神奈川・三浦半島】

今回は現在シーズン真っ只中のメバルを三浦半島の磯でウェーディングをして狙った。反応が薄い中、状況に応じたポイント選択をし、なんとか40匹ゲットすることができた。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター山下洋太)

山下洋太

フィールドは三浦半島及び伊豆半島の地磯。ターゲットはロックフィッシュ。年間釣行回数は300回以上。

×閉じる

ソルトルアー ショア

三浦半島の磯でメバリング

3月29日19~23時、三浦半島の磯へウェーディングでのメバリングゲームで出かけた。当日の潮回りは満月の中潮(満潮17:30・干潮23:40)。天候は晴れで風は南西8m/sと強め。タックルはベイトフィネスロッド6.7ftにベイトフィネスリール。ラインはPEライン0.6号+リーダー8lbとした。

事前の予報では南西風が強く吹くとのことだったので、南西風でも釣りができる風裏のポイントを選択した。このポイントは砂地、小磯、海藻など様々な種類のポイントが混在している。そのため、常にどこかしらでは反応が得られる好ポイントである。

砂地が続く浅場でスタート

釣り始めはオープンエリアで砂地が続くポイントに立った。水深が膝上くらいのポイントであるため、満潮付近でメバルが浅場に上がってきていると予想し、そのポイントを選んだ。

水際を見ると、2cm程のベイトフィッシュが群れており、遊泳力が弱くその場に漂うように泳いでいた。そのため小さめのサスペンドプラグを使用することにした。使い方としては、ハンドル1回転5秒ほどの超スローリトリーブとした。

開始直後から本命連発

開始5分で1匹目のメバルをゲットした。その後も連発し、40分で11匹釣れた。しかし、高活性というわけではなく、アタリも小さく、なんとかフッキングまで持ち込めているような感じであった。

シーズン真っ只中の『磯メバリング』でメバル40匹【神奈川・三浦半島】開始直後からメバル連発(提供:TSURINEWSライター山下洋太)

このような日はサスペンド系のプラグでゆっくりリトリーブしないと反応が悪いことが多い。検証のため、シンキングペンシルでハンドル1回転2秒で先程より少し速めにリトリーブすると全く反応が得られなかった。

月が出ると反応薄く

開始直後は連発するも、月が出てくると反応が薄れ、30分ほど沈黙が続いた。よくメバルは月が出ると反応が悪くなると言うアングラーが多い。確かにオープンエリアや障害物が少ない場所では、月が出ると釣れなくなることがある。しかし、海藻周りでは月が出ている日がいいと言うアングラーも多い。

シーズン真っ只中の『磯メバリング』でメバル40匹【神奈川・三浦半島】ゲストの姿も(提供:TSURINEWSライター山下洋太)

私自身も海藻があるエリアでは、月が出ている時に入れ食いとなった経験がある。そのため海藻があるポイントへ小移動した。

次のページは移動が奏功し29匹追加!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。