タイラバゲームで50cm頭にマダイ顔出し 好ゲストのブリも【北九州】

タイラバゲームで50cm頭にマダイ顔出し 好ゲストのブリも【北九州】

3月上旬、タイラバに行ってきた。北九州市・戸畑港から海政丸に乗り込み、それぞれが40cmアップのマダイを手中した釣行をレポートする。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・山﨑和彦)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

海政丸でタイラバ

3月上旬、午前6時30分に北九州市・戸畑港から海政丸(松本船長)で出港。同行はチーム雑魚の原田さん、山下さんたち。

約1時間30分で角島沖(山口県下関市)に到着し、すぐにドテラで流し始めた。ここは昨年の今ごろにデカ版がかなり釣れたポイントだ。

タイラバタックル

水深は約60mで、水温は15度と上がってきている。私は100gのグリーンゴールドのヘッドを取り出して、明るめゴールド系のカーリーネクタイをセット。

タイラバゲームで50cm頭にマダイ顔出し 好ゲストのブリも【北九州】タイラバタックル(作図:週刊つりニュース西部版APC・山﨑和彦)

1投目から3kgブリ的中

ワクワク気分で落としていく。周辺は水鳥が多く、ベイトの小魚が湧いているのが分かる。

すぐにジギングをしていた山下さんにアタリがあり、1投目から3kgのブリを取り込んだ。

タイラバゲームで50cm頭にマダイ顔出し 好ゲストのブリも【北九州】山下さんに1投目からヒット(提供:週刊つりニュース西部版APC・山﨑和彦)

そしてミヨシ(船首)のお客さんに良いアタリで、良型のマダイを取り込んだ。

「よし、いるぞ」と気合は入ったが、午後1時までの上げ潮で、その後はまったく反応もないまま、正午を回った時点でポイントを変更した。

良型マダイ40cm浮上

ここではヘッドを220gにして探りを入れると、10回ほど巻いたところでドンッと乗った。ドテラ流しなので仕掛けの抵抗がかかり、良型に感じる。無事に取り込んだのは40cmのとてもきれいなマダイだった。

タイラバゲームで50cm頭にマダイ顔出し 好ゲストのブリも【北九州】筆者にきた40cm(提供:週刊つりニュース西部版APC・山﨑和彦)

50cmオーバーも顔見せ

あまりにも仕掛けがなじまないので、船長にパラシュート投入をお願いして釣りを始めると仕掛けも落ち着き、みんなにアタリがでだした。

山下さんとミヨシのお客さんに同時にヒットし、船上が活気づいてきた。原田さんにもヒットしてトリプルだ。

そうなると次は私となるが、私には何もアタらない。それぞれが50cmアップのマダイを取り込み、私にもやっとこさアタリがあり、とてもきれいなレンコダイが釣れ、サオを納めた。

タイラバゲームで50cm頭にマダイ顔出し 好ゲストのブリも【北九州】50cmオーバーも顔見せた(提供:週刊つりニュース西部版APC・山﨑和彦)

祝大漁 祈安全

<週刊つりニュース西部版APC・山﨑和彦/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
海政丸
出船場所:戸畑港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年4月2日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。