今さら聞けないヘッドライトのキホン:釣り場で使用する時の注意点5選

今さら聞けないヘッドライトのキホン:釣り場で使用する時の注意点5選

今回は夜釣りの必須アイテムである"ヘッドライト"の使用時の注意点5選を紹介していきます。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター多賀英二)

多賀 英二

フカセ釣りメインでやっています。ターゲットはクロ、チヌ、タイです。山口県は北部、西部の磯や波止、大分、長崎、鹿児島など幅広くフィールドに足を運んでいます。釣り場であった際は、情報交換しましょう。国産ラインメーカーfathomのフィールドモニターとしても活動しています。

×閉じる

その他 お役立ち

5.防水性の高いものを

そして最後に防水性の高いものをもっていきましょう。海で使用する場合は、塩水がつきもので淡水の釣りも雨や水がかかることもあるとおもいます。そこで防水性の高さは重要になってくるでしょう。

今回紹介した注意点をふまえて安全で快適な釣行をしてみてはいかがでしょうか。

<多賀英二/TSURINEWSライター>

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。