6月1日から遊漁での30kg未満「クロマグロ」採捕が禁止に 水産庁に取材

6月1日から遊漁での30kg未満「クロマグロ」採捕が禁止に 水産庁に取材

令和3年6月1日から遊漁でのクロマグロ小型魚の採捕が禁止になり、大型魚は採捕した尾数、総重量、採捕した海域などの情報を水産庁へ報告する義務が発生する。その実際を水産庁に聞いてみた。

(アイキャッチ画像提供:PhotoAC)

TSURINEWS編集部

その他 お役立ち

遊漁で小型クロマグロ採捕禁止

水産庁では、クロマグロを対象とする遊漁者・遊漁船業者にむけて、令和3年6月1日から

1)遊漁によるクロマグロ小型魚(30kg未満)の採捕が禁止(意図せず採捕した場合には直ちに海中に放流しなければならない)
2)クロマグロ大型魚(30kg以上)を採捕した場合の、尾数、総重量、採捕した海域等を水産庁へ報告の義務化

をアナウンスしている。

罰則について

1)、2)ともに罰則も設定されているので、クロマグロを狙った遊漁の際には注意したい。

【罰則】1年以下の懲役または50万円以下の罰金

報告の仕方について

なお、2)の報告に関しては、水産庁のホームページ「遊漁の部屋」に報告用ウェブサイトを設ける予定とのことで、次のいずれかの方法により報告が必要になる。

・報告サイトへの入力
・報告用アプリケーション(スマホアプリ)の利用
・電子メールでの送信
・ファクシミリでの送信

準備でき次第掲載を予定とのことなので、6月1日以降にマグロ釣りをする場合はあらかじめ確認しておくことをお勧めする。

要するに、「6月1日以降は遊漁で30kg未満の小型のクロマグロを釣ってはいけません。30kg以上の大型のクロマグロを釣った場合は、尾数、総重量、採捕した海域などを水産庁に報告してください」ということだ。

ただし、30kg以上の大型のクロマグロの採捕に関しては条件がある。

6月1日から遊漁での30kg未満「クロマグロ」採捕が禁止に 水産庁に取材クロマグロ小型魚の採捕が禁止に(提供:PhotoAC)

次のページで30kg以上の大型魚採捕条件を解説!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。