さぎ山記念公園でモツゴ(クチボソ)釣り満喫 子連れ釣行にもオススメ

さぎ山記念公園でモツゴ(クチボソ)釣り満喫 子連れ釣行にもオススメ

桜がちらほら咲き始めた3月21日、さいたま市のさぎ山記念公園へモツゴ(クチボソ)釣りに出かけました。釣り場の紹介とあわせて釣りの模様をレポートします。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

尾崎大祐

埼玉県在住。二児のパパで趣味はサラリーマン。釣りをはじめとした食材採取に全精力を注いでいます。

×閉じる

淡水の釣り 小魚釣り

さぎ山記念公園

さぎ山記念公園は埼玉県さいたま市緑区にある、のどかで自然豊かな公園。園内には遊具施設や芝生エリア、バーベキューエリアなどがあり、休日は家族連れで賑わっている他、釣りが楽しめる池がある点が釣り人にやさしいです。

さぎ山記念公園でモツゴ(クチボソ)釣り満喫 子連れ釣行にもオススメ桜がきれいな釣り場風景(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

この池でのターゲットはヘラブナが中心となっていますが、小物釣りも可能。休日に子供と一緒に小物釣りをしたい釣り好きパパ(ママ)にはうってつけ。ヘラブナ釣り場として地元では知られています。

さぎ山記念公園でモツゴ(クチボソ)釣り満喫 子連れ釣行にもオススメルールが記された看板(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

小物釣りの道具など

園内の池は「釣り堀」というスタンスではないので、道具類は全て持ち込むことになります。小物を狙う場合、釣れる魚はモツゴ(クチボソ)が主になるので、用意する道具は2m前後のサオにタナゴ用の仕掛けがいいでしょう。モツゴは別名クチボソと呼ばれているように、口がとても小さいエサ取り名人。ハリは小さめがおすすめです。タナゴバリ、もしくは袖1号程度のハリを準備するといいかと思います。

エサはおかゆ練の他、アカムシやミミズ(細虫)を小さくしたものでも可。特に初心者や小さな子供にやらせる場合、比較的エサ持ちのいい虫エサの方が教える側の負担が少なく済むかもしれません。大人であっても、おかゆ練を小さなハリにアワセの度に整形して付けるのは意外と大変。ややハリ掛りは悪くても、細かい作業に自信がないようであれば虫エサの準備は欠かせないかもしれません。

さぎ山記念公園でモツゴ(クチボソ)釣り満喫 子連れ釣行にもオススメ使用したエサと道具(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

ポイントと釣り方

小物釣りのポイントについては、恐らく南側はヘラブナ釣り師で埋まっていくので、北側の手すりに囲まれたエリアがいいでしょう。経験上、モツゴは池のどこでも釣れますし、何より手すりがあると安全です。

釣り方については、池の水深は40cm前後なので、まずは底を狙い、活性が高いようならタナを上げていくといいです。モツゴは向こうアワセでも掛かりますが、ある程度のアワセを入れた方がしっかりハリ掛りしてくれます。強すぎず弱すぎず、その時々の活性に見合ったアワセを見つけてください。アワセ一つとっても意外と奥が深いです。

また、この釣り最大のキモはエサ付け。モツゴの口のサイズに見合ったエサをハリにつけるようにしましょう。目安は米粒の半分程度の大きさ。これが上手にできるかできないかで釣果は極端に違ってくるほど重要です。

さぎ山記念公園でモツゴ(クチボソ)釣り満喫 子連れ釣行にもオススメ小物釣りは北側の手すりがあるエリア(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

開始30分はアタリ多いもなかなか釣れず

さて実釣。まずは前日に苦労して作った仕掛けをセットします。40代後半にもなりますと視力が衰え、やや老眼も入ってきており、小物用の仕掛け作りが以前にも増して難しくなってきました。そろそろ老眼鏡必要なのかな、って小物釣りを通じて実感です。

そして第二の試練のエサ付け。専用の注射器タイプのエサ付け用道具を持参したのですが、それでもなかなかうまくいきません。ようやく上手くつけてもアタリの度になくなってしまい、これが意外と厄介。修行がはじまりました。

エサ付けがようやく上手くなってきても、アタリはあるもなかなかハリ掛りしない状況が続き、約30分が経過しました。はじめは軽い気持ちで釣りにきてみたのですが、釣れないとだんだん真剣度が増し熱くなっていきます。

おかゆ練と格闘の末、やがてエサ付けも上手になっていき、ようやく1匹釣ることができてガッポーズ!まさかモツゴ釣りでこんなに熱くなるとは思ってもいませんでした。そして魚の活性もそこそこ高いことがわかり、タナも底付近から15cm程度上げてみたところ、エサ付けさえ上手くできさえすれば高確率で釣れるようになりました。

さぎ山記念公園でモツゴ(クチボソ)釣り満喫 子連れ釣行にもオススメ30分かけてようやく1匹(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

次のページで最終釣果を発表

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。