渓流釣りで「黄金ヤマメ」含め20尾 ミミズエサで手中【島根・紙祖川】

渓流釣りで「黄金ヤマメ」含め20尾 ミミズエサで手中【島根・紙祖川】

3月6日、ホームグラウンドの西中国山地・高津川水系の紙祖川で渓流釣りを楽しんだ。この日は"黄金ヤマメ"を含め20尾の釣果を得たので、その模様をお届けする。

島根県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・藤本繁樹)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り 渓流釣り

紙祖川で渓流釣り

今年も渓流魚解禁シーズン到来。3月6日、ホームグラウンドの西中国山地・高津川水系の紙祖川(島根県益田市匹見町)にやってきた。

当日の天候は曇りで、昨年とは違いこの冬は積雪にも恵まれ、水量も豊富。前日までに降った雨で積雪も溶かされ、水温も低すぎず高活性が期待できる。

土日で釣りをするつもりで、土曜日の当日は夕マヅメ狙いの午後4時スタート。

渓流釣りで「黄金ヤマメ」含め20尾 ミミズエサで手中【島根・紙祖川】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・藤本繁樹)

入川ポイントは、深くても膝上程度の浅場、いわゆるチャラ瀬。解禁から日がたっている上、人気ポイントであるだけに魚影の濃さが心配されたが、いつもの仕掛けにエサのミミズをつけると、第1投から好反応の連続となった。

待望の1尾目は15cmと小ぶりではあるものの、元気よく軟らかめのサオをよく曲げてくれた。

対岸ヘチから18cm黄金ヤマメ

誰もが狙う流れの筋を外し、対岸のヘチから30cm以内に投げて流す。反応はよく、仕掛けを入れる度にエサを追ってきた。小型が中心であったのだが、流す筋をさらに対岸ギリギリにずらして、魚の反応に応じてアワセを入れると、ズッシリとした手応え。黄金色に輝く18cmが水面を切って姿を現し、タモに飛んできた。

渓流釣りで「黄金ヤマメ」含め20尾 ミミズエサで手中【島根・紙祖川】対岸ギリギリを攻めた(提供:週刊つりニュース西部版APC・藤本繁樹)

この辺りによく見られる黄金色に輝くヤマメを私は”黄金ヤマメ”と呼んでいるが、見た目だけではなく風味も違う。久しぶりの再会に時間を忘れ、釣りに集中した。

最終釣果と今後の展望

その後も狙った筋で次々とヒット。目印が見えづらくなり、薄暗くなっているのに気付いた5時30分に納竿とした。釣果は10~18cmの20尾であった。15cm以下はすべてリリースした。

小型中心だったが魚のコンディションは良く、元気いっぱいで楽しませてくれた。これから水温の上昇とともに、さらなる良型が姿を見せてくれるだろう。

<週刊つりニュース西部版APC・藤本繁樹/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
紙祖川
高津川漁協:TEL=0856(25)2911
遊漁料=日釣り券2200円、年券(12種)6400円、アユ年券(11種)1万2700円
この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年3月26日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。