【2021春】乗っ込みマブナ釣り徹底解説 「ホソ」で気軽に楽しもう

【2021春】乗っ込みマブナ釣り徹底解説 「ホソ」で気軽に楽しもう

産卵前後のマブナは数も型も狙える。したがって、この時期のマブナは最適な入門魚と言えよう。今回は乗っ込みの舞台になる川幅10m以下のホソでの釣りについて紹介する。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・岩井一彦)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り 小魚釣り

ホソに乗っ込んだマブナ狙い

「春の小川はさらさらいくよ♪ エビやメダカや小ブナの群れに♪」桜の花が満開になるといよいよ春本番だ。

冬に深場でじっとしていたマブナは、春になって水温が上がると産卵のために本流・本湖から小河川の浅場や田んぼの用水路などの細い流れ(ホソ)に乗っ込んでくる。産卵前後はよくエサを追うようになるため、数釣りはもちろん、夢の尺(約30cm)オーバーが釣れる可能性が高くなる。

したがって、この時期のマブナは最適な入門魚と言え、絶好の季節となる。乗っ込みとの関係からホソが釣りの舞台になるので、ここでは川幅10m以下の釣りについて紹介する。

マブナ釣りのタックル

基本的なタックルは以下の通り。

【2021春】乗っ込みマブナ釣り徹底解説 「ホソ」で気軽に楽しもうタックル図(作図:週刊つりニュース関東版APC・岩井一彦)

竿

ポイント(川幅・水深)に応じて、1.5~3mのノベ竿でヘラブナ用や清流釣り用を使用。軟調子で安価なものでも十分釣趣が味わえる。またズーム式なら1本で長さを変えられるため便利。

ミチイト

アシ際などの障害物周り狙いが多いのに加え、良型が釣れるため、ナイロンラインまたはフロロカーボンライン1号を基準とする。水の透明度が高い、食い渋り、小型が多い場合は0.6~0.8号と細くする。

ウキ

小型立ちウキや玉ウキを親ウキにする。その下にシモリウキを数個付ける。浮力調整は板オモリやガン玉を使い、親ウキの頭が水面から1~2mm出る程度にする。ただ、この時期の魚は荒食いするため、玉ウキや立ちウキ1個のシンプルな仕掛けでもいい。そちらほうがトラブルが少なくビギナーに扱いやすい。

ハリ・ハリス

フナバリか袖バリで、ハリス付きのものを選べばいい。ハリは3号を基準にし、釣れる魚の大きさに合わせて1~6号を用意。ハリスは0.6~0.8号で5~8cm。仕掛けの長さは竿の長さと同じか、若干短めが、振り込みや取り込みも楽で扱いやすい。

エサ

赤虫、キジ(ミミズ)などの活きエサとグルテンなどの練りエサが一般的。活きエが苦手な人は後者を勧める。流れ川の活性が高い魚にはワゲットなどの人工エサも効果的。

次のページでマブナ釣りのポイントを解説!

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。