東京近郊の河川で淡水魚と遊ぼう:「黒目川」の魅力と対象魚

東京近郊の河川で淡水魚と遊ぼう:「黒目川」の魅力と対象魚

今回は、東京近郊を流れる自然豊かな黒目川をご紹介します。下流の荒川河口との間に堰堤や堰などが無く、海の魚の他、天然アユやウナギと魚種が豊富です。

東京都のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライターかやまあつみ)

かやまあつみ

東京近郊の釣り場がメインですが、たまに北海道に行くこともあります。なぜか名人に出会って教えてもらうことが多いです。

×閉じる

淡水の釣り 小魚釣り

どんな魚が釣れる?

埼玉県内の黒目川は埼玉県南部漁協が管轄。東京都東久留米市側は管轄外です。遊漁証は、釣り方や釣る魚によって異なります。

1)アユ&マス類を除く

コイ・ニゴイ・マルタ・フナ・ナマズ・ウナギ・ウグイ・オイカワ・ヌマチチブ・アブラハヤ・カワムツなど。その他ハゼ、ボラ、スズキなども遡上。1年を通して釣りが楽しめます。

リール無し:日釣400円・年証3000円
リール有り:日釣600円・年証4000円

スズキやウナギ、ナマズなどは、新河岸川合流点付近で夕方のマヅメ時が狙い目といわれています。水深のある所ではブッ込み釣りでコイやニゴイ、浅場では玉ウキ仕掛けで小物、フライでオイカワ狙いなど多彩な釣りが楽しめます。

2)アユ&マス類OK

日釣1000円・年証4500円

1年を通して楽しめ、アユもOKの年証4500円がお得かもしれません(5月末まではアユが釣れたら放流)。産卵をせずに冬を越してそのまま居残る2年物大型アユがいるという情報もあります。黒目川のアユは、エサ釣りやオランダ釣りなどが主流で、友釣りは少数派のようです。

(アユは6月1日から12月31日※産卵保護のため、黒目川のアユ禁漁期間10月1日~10月15日)

東京近郊の河川で淡水魚と遊ぼう:「黒目川」の魅力と対象魚冬眠から目覚めたカエル(提供:TSURINEWSライターかやまあつみ)

※年証の有効期間は3月1日から1年間です。(翌年2月末日)

※小学生、80歳以上の方などは(1)と(2)共に無料。中学生は(1)のみ無料なので、アユをやる場合は遊漁証が必要。

※(2)は、(1)の魚種に加え、アユ&マス類もOKです。アユは天然遡上してきますが、漁協の放流もあります。

遊漁証販売

・キャスティング(戸田市・大宮市・ふじみ野市)
・上州屋(新座市野火止)
・ひろた釣具店(年証のみ・朝霞警察付近)

現在、ネットやコンビニでの販売はしていません。おそらく現金決済による購入に限られると思いますので、各店舗に確認を。

今年は各釣具店に発送されたのが2月20日頃。年証購入後は3月1日以前でも釣りOKとのことです。毎年同じスケジュールと思いますが、詳しくは埼玉県南部漁協に(TEL:048-642-5706)。

次のページは「マス類」の魚影も?

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。