相模湾コマセ「マダイ五目」釣り 好ゲスト交え本命順調【ちがさき丸】

相模湾コマセ「マダイ五目」釣り 好ゲスト交え本命順調【ちがさき丸】

3月8日、相模湾茅ヶ崎のちがさき丸からマダイ五目に釣行。船中本命マダイがポツポツ釣れ、ゲストにクロダイ、イナダなどが交じった釣行をリポートする。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

ちがさき丸でコマセマダイ

5時50分に受け付けしたあと、6時30分に米山船長の操船で出港。10分ほど走ってスローダウン、「仕掛けはハリス3号6mです。ビシは80号でLでもFLでも構いません。海面からビシまで55mで止めてください。ハリスの長さを考慮して、指示ダナより5m下げた60mからコマセを振って……」のアナウンスで開始。

相模湾コマセ「マダイ五目」釣り 好ゲスト交え本命順調【ちがさき丸】タックル図(作図:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

1投目から左舷トモの平山さんにアタリ。奇麗な魚体の良型本命を取り込む。

相模湾コマセ「マダイ五目」釣り 好ゲスト交え本命順調【ちがさき丸】開始早々良型ゲット(提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

2、3投目は反応なし。4投目に左舷ミヨシの渡辺さんにヒット。続いて、武井さんにもアタって幸先いいスタート。

相模湾コマセ「マダイ五目」釣り 好ゲスト交え本命順調【ちがさき丸】食べごろサイズのマダイ(提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

本命続々ヒット

写真を取り終えて席に戻った瞬間、竿が海面に向かって突っ込んだ。すかさずアワせると、ズシンとした手応えで、ミチイトがジリジリと出されていく。

「やった、これは大型の予感」と、思った瞬間テンションが消えてしまう。操舵室から見ていた船長も「今のはデカかったね~」と残念そう。仕掛けを回収すると無念のバラシ。

相模湾コマセ「マダイ五目」釣り 好ゲスト交え本命順調【ちがさき丸】船中マダイが順調!(提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

このあと、右舷ミヨシの井上さん、左舷胴の間の工藤さんがマダイを取り込む。

相模湾コマセ「マダイ五目」釣り 好ゲスト交え本命順調【ちがさき丸】本命マダイを手中(提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

右舷ミヨシ2番の篠原さんにはイナダがヒットしてアタリが遠くなる。

相模湾コマセ「マダイ五目」釣り 好ゲスト交え本命順調【ちがさき丸】ゲストのイナダがヒット(提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

ゲストにクロダイも

11時、エボシ岩沖の水深30mの浅場に移動。ここでようやく私にも小型ながら本命。

相模湾コマセ「マダイ五目」釣り 好ゲスト交え本命順調【ちがさき丸】慎重にタモ入れして私も手中(提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

さらに水深20mラインになると、右舷胴の間の江川さんをはじめ、船中あちらこちらでゲストのクロダイが取り込まれる。

相模湾コマセ「マダイ五目」釣り 好ゲスト交え本命順調【ちがさき丸】クロダイも登場した(提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

しばらく流したあと、船長から「深場に行きます」のアナウンス。到着後の指示ダナは88m。最近、「大型が出ている」とのことだったが、大きなアジが上がったのみ。

最後は、再び水深55mに戻って13時30分に沖上がり。釣果は0.5~1.8kgトップ3尾にクロダイ、イナダ、アジが交じった。

<週刊つりニュース関東版APC・間宮隆/TSURINEWS編>

▼この釣り船について:ちがさき丸
相模湾コマセ「マダイ五目」釣り 好ゲスト交え本命順調【ちがさき丸】
この記事は『週刊つりニュース関東版』2021年3月19日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。