フカセクロダイ釣りで乗っ込み期待も想定外の釣果に【静岡・清水港】

フカセクロダイ釣りで乗っ込み期待も想定外の釣果に【静岡・清水港】

3月6日、ホームの静岡県清水港へフカセクロダイ釣行。本来であれば乗っ込みで数が釣れる時期ですが、今期の清水港は不調気味のようです。当日の釣りをリポートします。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター杉本隼一)

Shunichi_Sugimoto

静岡在住の釣り好きです。季節ごとその時に釣れているターゲットを狙って一年中釣りを楽しんでいます。解説記事をメインに釣果レシピや釣行記も執筆中。

×閉じる

海釣り 堤防釣り

待望の本命ヒット!

まきエサが残りわずかになったとき、ウキがゆっくりと入る待望のアタリが。確実に釣りたいので慌てずラインが張るまで待ってから会心のアワセを入れます。

アタリとは裏腹に力強い抵抗を繰り返しますが、ゆっくりとやり取りをして素早くタモ入れ。待望の本命をようやくキャッチすることができ、1日の努力が報われた1匹となりました。ここでまきエサも底をつき納竿することに。ボウズが目前に迫る中でしたが、起死回生の嬉しい本命を釣ることができ大満足です。

釣れない時間もこまめにタナを調整したほか、ハリスもこまめに結び直すといった小さな努力の積み重ねとなった1日でした。結果的に努力が報われてサイズ以上にとても嬉しい本命です。

フカセクロダイ釣りで乗っ込み期待も想定外の釣果に【静岡・清水港】何とか仕留めたクロダイ(提供:TSURINEWSライター杉本隼一)

今後の展望

今期の清水港はすでに乗っ込み終盤で産卵も確認されています。これからさらに厳しい状況になっていくことも予想されますが、水温の上昇によってメジナの接岸が始まれば今後もフカセ釣りを楽しめそうです。

<杉本隼一/TSURINEWSライター>

▼この釣り場について
清水港

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。