今週のヘラブナ推薦釣り場【茨城県・清明川】

今週のヘラブナ推薦釣り場【茨城県・清明川】

今や春の名スポットとなった茨城県の霞ヶ浦。広大な本湖狙いも面白いが「長竿はちょっとねぇ」という人にうってつけなのが、茨城県稲敷郡阿見町~同郡美浦村を流れる清明川だ。

(アイキャッチ画像提供:週刊へらニュースAPC・中村直樹)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

清明川の概況

清明川は短~中尺竿で楽しめて、霞ヶ浦から遡上する尺半超のジャンボも狙える。メディアの露出度も少なく静かに楽しめるのもグッド!さぁ”カスミの春”が始まる!

今週のヘラブナ推薦釣り場【茨城県・清明川】概況図(作図:週刊へらニュースAPC・中村直樹)

茨城県稲敷郡阿見町の自衛隊付近を流源とし、蛇行を繰り返しながら町中を流れ、同郡美浦村で霞ヶ浦に流入する。川幅は10~15m。野地が豊富で雰囲気はいい。

おもに農業用水として使用され、4月中旬に国道125号バイパス下のラバーダム(ゴム堰)が開かれる。すると不規則な流れが生じる。

全体的に傾斜が急で、お世辞にも足場がいいとは言えない。釣り台の設置には細心の注意を払おう。また農繁期にさしかかるので車の駐車にも注意したい。農耕車優先は最低限のマナーだ。

霞ヶ浦から魚の出入りがあるので、通年楽しめると思うがメインは春の乗っ込み時。例年3月に入ると産卵を控えた大型の遡上が始まり、それに合わせるように釣り人も集まり始める。40cmクラスはもちろん、毎年尺半超が出ており大型狙いに徹する価値は十二分な釣り場と言えるだろう。

現在は魚が入り始めた状態で、日に何枚か出る程度。しかし好期はこれから。自己記録を更新しようと、地元アングラーや大型フリークでにぎわう日も間近い。

ポイント

国道125号バイパス直下のラバーダムが稼働(これによりダム上流の水位が上がる)するまではダム上流部でも狙えるが、メインは下流部側。

河口付近

西岸は護岸工事のため立ち入り禁止で、東岸のみから狙える。同川ではもっとも深く、水深は2本弱。川幅も15mほどあるため竿は15尺まで用意したい。

今週のヘラブナ推薦釣り場【茨城県・清明川】霞ヶ浦への吐きだし付近(提供:週刊へらニュースAPC・中村直樹)

川沿橋~清明橋

同川で最も実績が高く釣り人が集中する。魚の着きがよくアタリも多い。釣り座の近くに駐車が可能な西岸が人気で釣り座も多数ある。水深は平均すると1本半で、看板下と呼ばれる中間付近が特に人気。

今週のヘラブナ推薦釣り場【茨城県・清明川】川沿橋周辺は護岸されている(提供:週刊へらニュースAPC・中村直樹)

川沿橋・清明橋の袂はコンクリート護岸されているが傾斜が意外にもきついので、滑落には十分注意したい。

清明橋~城見橋

釣り座が少なく既設台が点在し正直なところ狙い難い。魚釣橋周辺など、所々に護岸化された場所があるので、そこから狙うといいだろう。水深は1本強。川幅が狭いので13尺竿以内で十分だ。

釣り方とエサ

水深が浅く常に緩い流れがあるので宙釣りは効きづらい。バランスの底釣り、またはハリスオモリやライトドボンで狙うといいだろう。タックルとエサ例は下図。

今週のヘラブナ推薦釣り場【茨城県・清明川】タックル図(作図:週刊へらニュースAPC・中村直樹)

春の釣りでもっとも悩むのが竿の長さ。流心かそれともヘチ寄りか。岸際の溜まりゴミなどでハタキ(それに類似する魚の動き)が見られるなら短竿でヘチ狙いが面白いだろうし、判断材料に欠けるなら川の中心部付近を狙う。

ただし気配が何もなくても、常連のなかには9尺竿前後で常に狙っている人もいる。またそれとは逆に大型は流心付近との格言から13尺前後で狙う人もいたりと、正直竿の長さについては定番化されていない。モジリも何もなければ、まずは12~13尺竿での流心付近狙いが妥当な線ではないかと思われる。

今週のヘラブナ推薦釣り場【茨城県・清明川】川沿い橋から上流を見る(提供:週刊へらニュースAPC・中村直樹)

次にエサ。基本は両グルテンだが、ウキが動かないとバラケを打ちたくなるだろう。しかし霞ヶ浦水系のお約束として、臭いエサを打てばアメリカナマズやマブナが寄りやすくなる。ウキの動きを優先するか、それとも外道は避けるのか。こればかりは釣り人の判断に委ねられる。ただし常連のなかには一年中両ダンゴで狙っている人もいることだけは付け加えておく。

ちなみに筆者は両グルテン派だ。しかもどちらかと言えば小エサ。集魚力に劣る点は打ち返しのリズムで補うことを常に心がけている。

<週刊へらニュースAPC・中村直樹/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
清明川
入釣料:無料。釣り台必携。
この記事は『週刊へらニュース』2021年3月19日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。