フカセクロダイ釣りで乗っ込み期待も想定外の釣果に【静岡・清水港】

フカセクロダイ釣りで乗っ込み期待も想定外の釣果に【静岡・清水港】

3月6日、ホームの静岡県清水港へフカセクロダイ釣行。本来であれば乗っ込みで数が釣れる時期ですが、今期の清水港は不調気味のようです。当日の釣りをリポートします。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター杉本隼一)

Shunichi_Sugimoto

静岡出身の釣り大好き人間。エサ釣り、ルアーフィッシング問わず様々な釣りを楽しんでいます。陸っぱりがメインですが、最近船釣りに目覚めました。レシピやお役立ち情報も発信していきますのでよろしくお願いします。

×閉じる

海釣り 堤防釣り

釣行当日の状況

釣行当日は曇り空が広がるスタートでしたが、少しずつ青空が見えてくる状況。お昼頃には気温もぐんぐん上昇して汗ばむほどの暖かさです。前日まで降った雨の影響で海は濁っており、クロダイの警戒心が少しでも減ることに期待します。

フカセクロダイ釣りで乗っ込み期待も想定外の釣果に【静岡・清水港】濁りの残る当日の清水港(提供:TSURINEWSライター杉本隼一)

半遊動仕掛けで挑戦

この日は筆者が得意な沈め釣り仕掛けではなく、ウキでアタリを取る半遊動仕掛けを選択しました。フカセクロダイ釣りにおいて基本となる仕掛けです。

当日のタックル

チヌ竿06号
LBスピニングリール
PEライン0.8号+ナイロン2号(4ヒロ)
ハリス1.2号
チヌ針2号

当日のエサ

続けて当日使用したエサについて紹介します。

まきエサ

オキアミ1.5kg
ベースの配合エサ1袋
ブレンド用の配合エサ半袋
押しムギ
スイートコーン

さしエサ

ハードオキアミM
冷凍ボケ
まきエサのスイートコーン

フカセクロダイ釣りで乗っ込み期待も想定外の釣果に【静岡・清水港】用意したエサ各種(提供:TSURINEWSライター杉本隼一)

清水港の船溜まりで竿出し

いつも行くポイントはフグまみれなので、久しぶりに船だまりとなっている浅場のポイントで竿を出すことに。水深は5mほどで潮はゆっくり流れる釣りやすいポイントです。いつものポイントは毎投のようにエサ取りの猛攻を受けますが、こちらは毎投のようにエサがそのまま残ってきます。

本命はおろかエサ取りのアタリすらない状況が続き、気づけば午後になっていました。休憩を挟みつつ集中力を維持しますが、久しぶりに竿を出すポイントだけに少し不安な気持ちになってしまいます。

14時がチャンスタイム?

ここで、近くに停泊している小型船の船長さんが声を掛けてくれました。お話をしていると「最近ここでクロダイを狙っている人はほとんど14時過ぎに釣っているよ」という貴重なアドバイスを頂きました。時計を見てみるとちょうど14時を過ぎたところだったのでやる気がみなぎります。

そして、しばらくするとさしエサがエサ取りにかじられるようになり、何も起こらない状況が続いていた海からようやく生命感を感じました。タナをこまめに調整しながら本命のアタリに備えます。

フカセクロダイ釣りで乗っ込み期待も想定外の釣果に【静岡・清水港】タナを調整しながらアタリを待つ(提供:TSURINEWSライター杉本隼一)

次のページで待望の本命がヒット!

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。