解禁直後の渓流エサ釣りは激渋 実積区間狙い撃ちでイワナ登場【埼玉】

解禁直後の渓流エサ釣りは激渋 実積区間狙い撃ちでイワナ登場【埼玉】

3月4日、埼玉県飯能市を流れる入間川(名栗川)支流へ。短時間釣行であったが、実積ポイントを攻めた結果なんとか1尾のイワナが遊んでくれたのでリポートしたい。

(アイキャッチ画像提供:なおぱぱ)

なおぱぱ

ライター紹介文→関東を中心に季節問わず1年中釣りを楽しんでおります。執筆しながら色々と成長をしていきたいと思いますので、宜しくお願い致します。

×閉じる

淡水の釣り 渓流釣り

入間川支流の有間川

入間川支流の有間川は、名栗湖ダム上に位置し、有間渓谷観光釣場内で、有間川と逆川の2つに分かれている。一昨年の台風前まで下流部は堰堤を中心の大場所も多く存在していた。だが台風後は堰堤のほとんどが土砂で埋まってしまったので、上流域にかけて転々と存在する水深のあるポイントでの釣りが重要となるだろう。また、堰堤区間の上下の移動が必要なので、そこは理解して遡行する必要がある。とはいえ、放流はないエリアなので、釣れればヒレピン確定。

解禁直後の渓流エサ釣りは激渋 実積区間狙い撃ちでイワナ登場【埼玉】水深のあるポイントが狙い目(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

渓流エサ釣りタックル

この日のタックルは、4.5m渓流竿に、ミチイト0.6号を2.0mほど結ぶ提灯仕掛けにするので、ヤマメ4号バリを直結。目印を3つ付けて、オモリのガン玉は2Bを。エサはブドウムシをメインで釣り、ミミズを予備エサで用意した。

解禁直後の渓流エサ釣りは激渋 実積区間狙い撃ちでイワナ登場【埼玉】エサはブドウムシをメインに使った(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

有間川の現在の状況

名栗湖を超えて林道を進み、有間渓谷観光釣場に出たら左側の支流へ進んで行く。渓の状況は昨シーズンとかわっていなくて、堰堤もポイントほとんどが土砂で釣りにならない状況だ。それでも攻める価値のあるポイントは存在するので、上下移動が足にくるけれど、渓と林道の往復を繰返しながら探っていく。

解禁直後の渓流エサ釣りは激渋 実積区間狙い撃ちでイワナ登場【埼玉】林道も高低差があるので注意して歩こう(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

実績区間を狙い撃ち

解禁日からまだ4日目であるが、短時間釣行なので信頼できる過去の実積区間に入りポイントを探り歩くも、アタリがない。遡行してみると水量が以前と比べて明らかに少ないので、以前攻めにくかったポイントも簡単にいけるようになった所もあるので、水が出た時期の後は期待感高まる場所の確認はできた。

解禁直後の渓流エサ釣りは激渋 実積区間狙い撃ちでイワナ登場【埼玉】実績場をメインに探るがアタリは遠い(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

しかし、1時間ほどアタリがない状況で、時間的にもほぼおしまいかと思っていた。次の堰堤区間までしか時間もなく期待はできないので、同区間堰堤を本日の最終ポイントにすることに。しかし、この区間は水量も今日歩いた中で一番まともに釣れそうな感じで、魚は間違いなく居る感じがする。

解禁直後の渓流エサ釣りは激渋 実積区間狙い撃ちでイワナ登場【埼玉】雰囲気のいい場所にたどり着いた(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

次のページで待望のイワナ顔出し!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。